トップ  >  障害年金入門  >  受給までの流れ  >  障害年金請求時に、はじめに確認すること

障害年金入門

障害年金請求時に、はじめに確認すること

掲載日:2013年10月11日

障害年金請求をする上で、初めにしなければならないこと。
それは病歴の整理と年金加入記録の確認です。

その理由の一つは、障害年金は初診日時点に加入していた制度で請求するためです。

長いこと正社員(厚生年金加入)で就労されていて、
その間に今回の傷病で病院にかかった方は、障害厚生年金の請求になります。

自営業やサラリーマンの妻(扶養内)、学生、
二十歳前傷病の場合は障害基礎年金の請求となります。

たとえば転職を多くされていて、その間に無職の期間がある、という方は
加入していた年金制度が混在しています
そうなると初診日と加入記録の両方を見なければ
どの制度を請求するか、確定できないことになります。

もう一つは、納付要件の問題です。
原則、障害年金の請求は初診時点で
一定程度、保険料を納めている必要があります。
これを確認するのにも初診日が必要になります。

せっかく書類を手配しても請求できなくては意味がありません。
そのため、これらの確認を先に行うことが一般的です。

この確認は、自治体の年金課、最寄りの年金事務所で行うことができます。

大体でもいいので初診日に検討をつけて、
請求者の年金手帳と三文判を持って確認しにいきましょう。
(ご家族が行く場合には委任状が必要です)


障害年金は、日本年金機構に対して請求することになります。(共済年金を除く)

国民年金(障害基礎年金)の場合、自治体(市町村)の年金課に提出することもできますが、
その書類は最終的に都道府県ごとにある日本年金機構事務センターへ回送され、
事務センター内で障害認定事務が行われています。

障害年金請求は、手続きの仕方によって思わぬ不利益を受けたり、
せっかく書類を集めて請求したのに、不支給となってしまうことがありますが、
きちんとした手続きを行うことで、失っていた年金を取り返せることもあります。

不支給になった理由によっては、最初の請求の主張をくつがえしていく必要があるなど、
初診日の選定や納付要件にかかわってくる部分は特に慎重に手続きをしていかなければなりません。
障害年金請求では、提出した全ての資料が年金機構に残ります。


<追記>
2013年10月に年金機構のシステムが改修されて、誰が、全国のどの年金事務所で、
いつ、どのような相談をしたか、どこの年金事務所でも把握できるようになったと聞いています。
(これまではこういった記録はすぐにはわかりませんでした)

これが認定に影響あるのかないのかまだわかりませんが、手続きは慎重に進めるようにしてください。



この記事がお役に立ったらシェアお願いします。



障害年金無料相談窓口
障害年金に関する無料相談について 障害年金入門 ウチの旦那が倒れたら(有給休暇~休職)

障害年金申請の用語や方法

a0001_016474.jpg

結局、障害年金は自分で手続きできるのか?その本当のところ。

障害ねんきんナビをご覧いただきありがとうございます。 こちらをご覧頂いているということは、もしかすると自分のため、もしくはご家族のため、大切なご友人のため、それぞれ障害年金についてお調べなのだと思います。 ステラコンサル…続きはこちら

a0002_006978.jpg

大切な人ががんになったときに、きっと思い出してください。

病気で人が亡くなる場合、直前にはほとんどの方が障害状態になると言えます。 ここで言う「障害状態」とは、障害年金でいう障害状態です。実際に給付を受けているかは別にして、障害の程度(重さ)という意味で、突然死や事故などの場合…続きはこちら

a1180_010201.jpg

傷病手当金の期間が残っているうちに障害年金を請求してください

健康保険には傷病手当金という給付があります。 傷病手当金は私傷病で労働者が働けなくなった時に受けられる給付で、給与のおよそ3分の2が受けられる給付で心強いものです。ただ傷病手当金には最大のデメリットがあります。 まず傷…続きはこちら

a0002_012053.jpg

障害年金における先天性の疾患と障害厚生年金を請求できるケース

障害年金は、保険であるのと同時に社会保障でもあります。 そのため、先天性の疾患や子供の頃の病気や事故などで障害状態となった場合は、年金保険料を納めていなくても障害基礎年金を請求し、障害の程度が障害認定基準に該当すれば年金…続きはこちら

00475mini.png

ステラコンサルティングの障害年金以外の活動

ステラコンサルティングは社会保険労務士事務所として設立し、 障害年金の請求代理を主要な業務としてきました。 障害年金は、健康保険の傷病手当金と性質が若干異なり、 より固定的な社会保障としての給付であると考えています。 そ…続きはこちら

heart.jpg

障害年金請求で年金事務所へ何度も行く必要があるのはなぜ?

年金事務所や役所などでは、障害年金請求のために 何度も足を運ばなければならない、 担当者ごとに言うことが違う、というお話を聞くことがあります。 これは障害年金制度が一概に「こうすれば良い」と言えない、 難しい制度である…続きはこちら

障害年金申請の無料相談はこちら

特定社会保険労務士:坂田 新悟
多くの方にこのHPを見て頂いて、障害年金を請求する機会、知る機会が増えればいいと思います。

  • 運営者プロフィール
  • 障害ねんきんナビとは
  • 購読する(RSS 2.0) このブログを購読(RSS 2.0)
  • 購読する(Atom) このブログを購読(Atom)
  • このページのTOPへ