トップ  >  パートナー社労士募集について

パートナー社労士募集について

障害ねんきんナビでは、本サイトの運営にご協力いただけるパートナー社労士を募集しております。

障害年金のポータルサイト「障害ねんきんナビ」について

障害ねんきんナビ(R)は、平成22年開設の障害年金に関する用語集、請求事例、
障害年金を扱う社会保険労務士の情報を集めた日本最大級の障害年金ポータルサイトです。

障害ねんきんナビへアクセスして来られる方は、"障害年金に関する困りごとの解決"
"障害年金制度への悩み"そして"自分が対象になるのか"という疑問をお持ちです。

昨今の社会情勢も相まって障害年金制度への注目度は高く、各種メディアからも注目されています。

*2014年3月現在、12万5千ビュー、月間UU22,000以上です

パートナー社労士の大きなメリット

障害年金業務を始めるには、業務ノウハウの蓄積はもちろんですが、
その他HP制作や広告費投下、またその管理など煩雑で費用も掛かる
大掛かりなプロジェクトとなりがちです。

そのため、簡単には新規参入できないのが現状ではないでしょうか。
また、新規参入しても思うように問い合わせ、受任となるかは未知数です。
障害ねんきんナビのパートナー社労士制度では上記の不安を解消し、
障害年金業務への新規参入を容易にします。

1・Webからの問い合わせルートを確実に構築できます

障害年金に関する記事ライティング、請求事例などの運営はステラコンサルティングにて行い、
広告費も全てステラコンサルティングが負担しています。
そのためイニシャルコストが少ない形で新規参入が可能です。

既に障害年金に取り組んでおられる方もルート開拓の一つとして取り組んでいただけます。

2・業務知識のご提供

障害年金業務の専門性は参入の高いハードルかと思います。
一つとして同じ請求はなく、白黒がはっきりつく業務であるからです。
また社保得喪など事務代行とは大きく異なり、代理人により異なる結果が生じる業務です。

当事務所は東京都社会保険労務士会の自主研究会である障害実践研究会に所属し、
経験豊富な社会保険労務士と改正など最新情報、事例の共有を常に行っております。

そこで得られたノウハウはパートナー社労士間で共有し、FB上で相談なども行なわれています。
新規開業となると、社労士間での情報共有は難しいものです。そういったフォローも万全です。

具体的な運用について

営業面のノウハウと機会のご提供 ・お問合せページ内へ直接リンク設置
flow_part.png

・リンク内にはプロフィールページを設置します。
flow_part2.png


・さらに共有の問合せフォームがあり、そちらからの問い合わせは担当地域の社労士へ配信します。
flow_part3.png

3・その他ご提供できる内容
当事務所開発の業務ソフト「障害ねんきんママ」の無料提供(200件以上の請求事例が掲載)
パートナー社労士限定の情報交換の場(フェイスブック上にて運用中)、
障害年金に関する電話問合せ受電代行(障害年金の問合せに限ります)

その他障害年金業務に関する助言・アフターフォローを行っております。

パートナー社労士のご応募について

地域専任担当制で各地域につき一事務所のみ(選考があります)となります。新規開業者も歓迎します。

*現在募集中の地域は以下の通りです。

東北北部
沖縄 の募集を行っております。

パートナー社労士に関するお問合せはこちらからお願いいたします。
意欲ある社労士の方からのご応募をお待ちしております。

このページのTOPへ