トップ  >  ステラコンサルティングの障害年金請求代理

ステラコンサルティングの障害年金請求代理

社会保険労務士法人ステラコンサルティング

社会保険労務士法人ステラコンサルティングでは障害年金の請求代理を行っています。
オフィスは埼玉県さいたま市と愛知県名古屋市にあります。

staff_all.jpg 事務所のスタッフは6名(うち特定社会保険労務士1名、社会保険労務士1名)です。平均年齢は30代前半の若い事務所になりますが、開業し一貫して障害年金を扱い、豊富な実績を誇ります。

代表の坂田は率先して障害年金実務能力の研鑽に努め、現在では出版社主催の社会保険労務士向けの障害年金業務セミナー講師などで延べ150人以上の社会保険労務士に障害年金実務知識を提供しています。

開業6年目で、またこの規模で障害年金業務を主にしているというのは、業界で唯一の社会保険労務士法人であるといえます。




meeting_mini.jpg 事務所内のミーティングスペースです。ご面談は当事務所へお越しいただくか、当方からお伺いすることもできます。東京都内と埼玉県内、名古屋支社管内の愛知県内、岐阜県内は交通費無料でお伺いしています。

ご希望により、メールやお電話でそのまま詳細をお伺いしてご依頼となるケースもありますが、基本的にはお会いして制度のご説明をさせていただいています。





books_mini.jpg romujijou20150501.jpgのサムネイル画像
所属する東京都社会保険労務士会の自主研究会「障害年金実践研究会」では副代表を務め、(株)日本法令から障害年金相談標準ハンドブックを刊行しています。

その他にも、労務事情(産労総合研究所)など人事職向け専門誌に記事を執筆するなど、実務能力は高く評価を受けています。

ステラコンサルティングの日常

office_mini.jpg 執務スペースです。ここで全ての手続きを進捗させています。当法人は2歳までの子の同伴勤務を認めており、埼玉県認定の「多様な働き方実践企業」でもあります。

坂田・鈴木が立案した請求方針に基づき、ご依頼者さま一人に対してスタッフが専属の担当となり、手続完了、結果判明までのすべてをサポートします。





shiraki_mini.jpg 障害年金事業部長の白木は障害年金歴も3年超となり、実務能力では並の社会保険労務士に引けを取りません。また坂田との付き合いも20年以上に及び、公私ともに信頼のおける存在です。
スタッフに基本的な指示を出しながら、医療機関や公的機関(年金事務所、各自治体等)との折衝もこなします。

毎日のように請求方針を巡って、坂田と口論になります(笑)これも最良の請求のための意見交換であって重要です。


meeting2_mini.jpg 障害年金請求にトラブルはつきものです。なんら支障なく請求完了に至るものは稀と言えるでしょう。都度、報告を受けながら請求方針を立て直します。

診断書のチェック(記載漏れ・誤字等)や病歴・就労状況等申立書の下書き、修正などについても細かく確認します。請求される方の状態が正しく反映されているかも確認します。
また必ず確認するのは障害状態と障害認定基準です。



staff2.jpg スタッフ同士の仲も良く明るい職場です。

残念ながら思った結果が得られない場合は坂田が審査請求、再審査請求で登場します。つまり坂田が出てこないほうが請求がうまくいったということです(笑)

奥では坂田が審査請求、再審査請求と格闘しています。

パートナー社労士の無料問い合わせ窓口
このページのTOPへ