トップ  >  傷病別にみる障害年金請求|人工関節・人工骨頭

傷病別にみる障害年金請求|人工関節・人工骨頭

傷病別障害年金審査請求_人工関節・人工骨頭編

そう入置換した日が障害認定日

通常、障害認定日は初診から1年6カ月経過後とされていますが、人工骨頭又は人工関節をそう入置換したものについては、障害認定日は「そう入置換した日」になります。(1年6か月経過後に装着する場合は、障害認定日は原則通り1年6カ月経過時点です)

実務上多いのは、先天性股関節脱臼などに起因した変形性股関節症です。
こうした場合「幼少期に何らかの処置をした」「生育中に手術をした」などを経て、成人後に股関節に痛みを生じて受診を再開する、というケースがしばしばあります。

これらは医学的には20歳前に傷病が生じているので、一見障害基礎年金請求と考えてしまいがちで、実際にそのように案内されるケースも多々あります。しかし実際には社会的治癒が成立した場合などで再診時が初診日となり、障害厚生年金として認められることもあります。

働いていても障害年金の受給は可能

障害認定基準では、人工骨頭、人工関節をそう入置換したものについては3級以上に認定するとされています。厚生年金加入中に初診がある場合、障害年金を受給できる可能性があります。(国民年金の場合はこの条件だけでは満たしませんが、日常生活状況等によっては認定の可能性があります)

肢体の診断書は記載項目も多く、計測などもありますので、こうしたことに慣れている整形外科やリハビリテーション科などで記載頂く方が間違いありません。

このページのTOPへ