トップ  >  傷病別に見る障害年金請求|人工透析・腎疾患

傷病別に見る障害年金請求|人工透析・腎疾患

傷病別障害年金審査請求_人工透析・腎疾患編

人工透析・腎疾患の障害年金診断書作成時の注意点とポイント

腎疾患による障害年金請求は、件数自体はそこまで多いものではありません。平成26年の障害年金受給者実態調査では、腎疾患による受給者は全体の4.7パーセントとなっています。

ですが私たちへのご相談や実際に不支給となって持ち込まれるものの中で、腎疾患というのは非常に多いのが実態です。つまり一言でいえば、腎疾患による障害年金請求は難しいのです。

難しい理由は一点につきます。「初診日の特定が困難であるから」です。それは腎疾患という傷病の特性によります。

腎疾患の多くは自覚症状がなく、長い時間をかけてゆっくりと悪化していきます。その結果、初診日から障害年金請求までの時間がとても長くなってしまいます。5年~10年ならばまだ良い方で、20年前ということもあります。そのため、初診日を特定するのが困難なケースが多く見受けられます。

特に、この間に年金制度間の異動(厚生年金→国民年金、など)があると、厚生年金で受給権を得るのは至難の業です。保険料納付要件を満たさない場合など、こうした多くのケースで請求は却下されます。そうなって初めてご相談される方も実際に多くおられます。

また初診日が古くなることで、障害認定日も同じように古い時期となります。障害認定日時点ではまだ自覚症状もなく、障害状態とまで言うことができないことが多いです。急速に腎機能が悪化した場合を除いて、遡及請求は難しいことが多いように感じます。

健康診断の控えや糖尿病手帳、おくすり手帳などは初診を示す有力な手掛かりとなります。
こういったものは手元に残すようにしましょう。

このページのTOPへ