人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ

048-871-6777平日11:00-17:00
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

障害年金の無料相談

心臓疾患

東京都

完全房室ブロック

30代女性

障害種別 循環器疾患の障害
病名 完全房室ブロック
認定結果 障害厚生年金3級
都道府県 東京都
その他

現在就労中

仕事中に胸痛、めまい、吐き気を感じ、
自宅近くの内科を受診する。

平成15年9月にペースメーカー装着するが、
現在まで障害年金を請求してこなかった。

カルテが廃棄されていたものの、なんとか記録を揃えて遡及請求。
それでも障害認定日から時間が経ってしまっていたため、
およそ4年分の時効消滅が生じてしまいました。

坂田の意見・感想

房室ブロックなど心臓疾患の場合、通常の1年6か月経過による
障害認定日より前にペースメーカー装着となることが多いようです。

今回も最初の診断からペースメーカー装着まで1か月でした。
この場合、障害認定日はペースメーカー装着日になります。

ただ、内科、循環器科ですと障害者手帳を勧めるだけに留まってしまう事が多いようです。

厚生年金加入中の初診で、納付要件さえ満たせば障害厚生年金は受給できます。

この記事がお役に立ったらシェアお願いします。

その他の事例を見る

この記事を読んだ人は
こんな記事も読んでいます

障害年金の無料相談 受給までの流れ

PageTop

人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ