人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ

048-871-6777平日11:00-17:00
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

障害年金の無料相談

その他

群馬県

関節リウマチ

60代女性 初診不明

障害種別 肢体の障害
病名 関節リウマチ
認定結果 障害基礎年金1級
都道府県 群馬県
その他

初診不明,年金時効特例法

初診は30年前のため、
医療機関からの初診の証明取得は不可能だった。 

添付できない理由書提出となるが、
資料として当時の家計簿を添付した。

複数の関節が変形し、頚椎の亜脱臼により
四肢の麻痺と感覚異状が出現。
下肢全廃、上肢も日常生活動作ほぼ×。


上記の状態にも関わらず、当該医療機関では
「診断書はその科のトップの医師が書くことになる」
その医師は「最初から見ているわけではないから」
という理由で、診断書作成を拒否。

なんとか医事課の方と連携しながら
他の医師(主治医)に記載頂けることになるが、
その医師は退職することとなっており、退職日に作成頂くこととなった。
(そのため、訂正があっても修正依頼できない)

・・・などトラブルがありながらも、無事に請求し、
結果、障害基礎年金1級に認定される。

*また一部年金記録に不備があり、
年金時効特例法の適用で修正


■坂田の意見、感想
最近は初診が見つからない(日付の特定不可)事例が
非常に多く持ち込まれており、 一つひとつの請求が
ケースバイケースで、なんとか通している、という状況です。

今回は家計簿の写しを資料として使用しました。

医療機関というのはやはり独特な世界で、
大病院では決まったルーチンから出ることができない、
クリニックなどでは医師が絶対の権限を持つ、
などそれぞれ事情があります。

最終的にそれに合わせてやっていく事になりますが、
今回のように紙一重、もしくは診断書入手不可ということもあります。
請求を諦めてしまえば、受給権は取得できません。

その前に一度ご相談頂ければと思います。

この記事がお役に立ったらシェアお願いします。

その他の事例を見る

この記事を読んだ人は
こんな記事も読んでいます

障害年金の無料相談 受給までの流れ

PageTop

人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ