人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ

048-871-6777平日11:00-17:00
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

障害年金の無料相談

その他

東京都

劇症1型糖尿病

40代男性 人工透析開始前

障害種別 代謝疾患による障害
病名 劇症1型糖尿病
認定結果 障害厚生年金3級
都道府県 東京都
その他

人工透析前、遡及5年

平成19年、家族で旅行中、激しい腹痛に襲われ救急搬送。検査の結果、劇症1型糖尿病と診断され即日入院となった。
インシュリン治療を開始し、状態が安定したため10日ほどで退院。仕事にも復帰したが、過労防止のため時間外については制限などを受けることになった。ただ、現在も管理職として第一線で継続している。

血糖値のコントロールは非常に悪いわけではないが、困難な部分があり空腹時血糖の高値、低血糖による体調不良が発生。HbA1cについても高値となっている。

障害厚生年金を障害認定日にさかのぼって請求し、障害認定日から障害厚生年金3級が認められた。

坂田の意見・感想

糖尿病で5年以上遡及した珍しい事例です。

メールでお問い合わせいただき、職場へお伺いしました。職場の会議室や談話スペースなどでのご面談というのもしばしばあります。お仕事しておられると時間の工面というのが難しいので、効率的ですね。
ご面談時にできるだけ詳細な検査結果のご準備をお願いしました。こちらに血清cペプチド値の数値があり、遡及の可能性を感じました。

お仕事しながらの請求(つまり収入がある状態での請求)となりましたが、これは全く問題のないところでした。肉体労働可能となるとまた少し変わってきますが、この方の場合は座業中心での就労が必要とされていました。 ただ、かなりお忙しいようにお見受けしていましたので、体調管理にはぜひお気を付けいただきたいと思います。

この記事がお役に立ったらシェアお願いします。

その他の事例を見る

この記事を読んだ人は
こんな記事も読んでいます

障害年金の無料相談 受給までの流れ

PageTop

人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ