トップ  >  障害年金事例集  >  その他  >  多発性硬化症 40代男性 再発あり

障害年金事例集

多発性硬化症 40代男性 再発あり

掲載日:2013年11月22日

障害種別: 肢体の障害 病      名: 多発性硬化症
認定結果: 障害厚生年金1級 都道府県: 東京都
そ の 他: 再発時に状態悪化

平成18年に左手の麻痺、ろれつが回らない、などを生じ、脳外科を受診する。
MRIの結果、脳梗塞と診断され投薬を受けていたが、改善されず神経内科へ転科。

多発性硬化症の可能性が高いと診断されるが、
発症するまでわからないとされ、一旦通院を終了した。

その後、平成22年11月に多発性硬化症を発症。

2年後に再発し、めまい、ふらつきなど平衡機能障害のほか、
自力での階段昇降不可など下肢に大きな運動障害が残ることとなる。
平成25年に職場を退職し、障害年金請求し1級に認定される。

坂田の意見・感想

多発性硬化症により大きな運動障害が生じて、退職された方です。

多発性硬化症は人によって症状が様々で、
運動や感覚障害のほか、視力などにも症状を発すると聞きますが、
今回の請求では脳、脊髄に病巣多発とされ、肢体の障害として請求しました。

以前、医療関係者の方から多発性硬化症による障害認定はない、
と聞いたことがあるそうですが、障害年金は原則として病名で決めていませんので、
多発性硬化症に限らず、この病気は受給できないということはありません。

ただ、当事務所でも多発性硬化症での不支給事例もあります。
つまり障害の程度(重さ)によって判断しているということになります。



この記事がお役に立ったらシェアお願いします。



エーラスダンロス症候群 20代男性 関節型 障害年金事例集 混合性結合組織病 40代女性 線維筋痛症併発

障害年金無料相談窓口

障害年金請求事例

その他

慢性腎不全 50代男性 第三者証明で厚年認定

現在は人工透析中。 自身において、初診日を平成18年6月として、市町村役場の国民年金課を経由し障害基礎年金を請求。事務センターの審査で「添付いただいた資料だけでは初診日を確定できない」として返戻(書類差し戻し)となる。 …続きはこちら

その他

2型呼吸不全 50代男性 アミロイドーシス

平成22年はじめ頃より息切れを自覚。 その後、会社の健康診断で肺の影を指摘され再検査。 「水が溜まっている」と言われ検査入院するが原因不明であった。 その後転院と数度の検査入院後、アミロイドーシスと診断される。 著しい倦…続きはこちら

その他

痙性斜頸 20代男性 会社退職

平成26年3月頃より首の痛みを自覚。 数日経っても痛みが取れず、首が回りにくい、 正面を向きにくいなどの症状が出現する。 近所の整形外科を受診するが改善せず神経内科を紹介受診。 次第に仕事などをしていると勝手に首が右を向…続きはこちら

その他

腰椎椎間板障害 40代男性 審査請求で処分取消

平成13年に重量物を持ち、突如強い腰痛が出現した。 そこから3年以上にわたって通院継続するが痛みが取れず。 平成16年8月に腰椎固定術施行。 その後も痛みは取れず通院を継続していたが、仕事に支障もあり、 平成26年7月に…続きはこちら

その他

聴覚障害 40代女性 第三者証明

幼少期より感音性難聴と診断され、通院していた。 小学校は特殊学級(当時の名称)で過ごし、その後転校などしている。 平成5年に障害者手帳を取得しているが、その時点では障害年金でいう2級相当とまでは言えない。 (一耳は高度な…続きはこちら

その他

多発性骨髄腫 40代男性 複数傷病併合

平成25年2月、肩の関節痛で近医の整形外科を受診する。 その場ですぐに骨腫瘍を疑われ紹介状で大学病院へ転院。 3月に抗がん剤治療を開始するが、腎機能が悪化。人工透析開始。 そのまま2年間、人工透析をしながら闘病するが、 …続きはこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

混合性結合組織病 40代女性 線維筋痛症併発 2013年12月20日 (130 hits)
高次脳機能障害 20代男性 二十歳前傷病 2013年11月22日 (125 hits)
うつ病 40代男性 休職中の請求 2013年11月22日 (122 hits)
関節リウマチ 60代女性 初診不明 2013年8月16日 (71 hits)
エーラスダンロス症候群 20代男性 関節型 2013年9月20日 (63 hits)
このページのTOPへ