トップ  >  障害年金事例集  >  人工関節・人工骨頭  >  変形性股関節症 50代男性 臼蓋形成不全

障害年金事例集

変形性股関節症 50代男性 臼蓋形成不全

掲載日:2016年11月30日

障害種別: 肢体の障害 病      名: 変形性股関節症
認定結果: 障害厚生年金3級 都道府県: 群馬県
そ の 他: 変形性股関節症,臼蓋形成不全

受診状況等証明書の初診日は平成17年だが、平成5年頃に痛みが増強して大学病院を受診しており、その旨が記載されている。(数回の受診後、中断)

社会的治癒を求めて請求時には添付しなかったが、認定の過程において大学病院の診療録提出を求められ対応した。診療録では臼蓋形成不全が認められ、高校3年生ごろから歩きづらさ等があった、と記載されている。

平成28年3月に人工股関節置換術を受け、障害年金請求を検討。療養後は復職して就労している。

障害厚生年金を請求し、3級に認定された。

坂田の意見・感想

臼蓋形成不全による人工関節置換の障害年金請求事例です。診療録には、高校生時代から自覚症状があった旨が記載されていました。

この場合、初診日が20歳前にあったとすると障害基礎年金となり、人工関節のみの障害状態では不支給(障害の程度が2級に該当しない)が濃厚になってしまいます。 つまり請求傷病の初診日が厚生年金期間中であることを認めさせること、が受給権取得の絶対条件となるわけです。そのため本件においても、非常に多くの資料を添付して請求をしました。

結果、初診日は厚生年金被保険者期間にあると認められ、他の事例と同様に幼少期から20歳到達前に症状がある、または治療している場合においても、障害厚生年金支給はあり得る、という結果になりました。



この記事がお役に立ったらシェアお願いします。



変形性股関節症 40代女性 先天性股関節脱臼 障害年金事例集

障害年金無料相談窓口

障害年金請求事例

人工関節・人工骨頭

変形性股関節症 40代女性 先天性股関節脱臼

平成24年10月頃から、左股関節に痛みがあり平成25年4月に受診。 すぐにでも手術のできる大きな病院を受診し、人工股関節置換を勧められる。 受診状況等証明書によると「出生時先天性股関節脱臼にて固定をしていた」。 手術可能…続きはこちら

人工関節・人工骨頭

右大腿骨頭壊死 40代女性 置換前認定

平成22年冬、電車内で転倒し受傷。救急外来へ搬送される。 大腿骨頭部骨折の診断で入院する。 翌日に手術を施行したが、その後骨頭壊死、圧潰が進行。 右股関節に可動域制限と筋力低下が残存。その後平成25年に人工関節置換。 障…続きはこちら

人工関節・人工骨頭

両側大腿骨頭壊死 40代女性 ステロイド後遺症

平成12年頃、皮下腫瘤みられ脳神経外科を受診。 血液検査の結果、全身性エリテマトーデスと診断され、ステロイド使用。 腎不全などが見られながらもパートにて就労を開始。 スーパーのレジであったため、両足の浮腫みがひどかったと…続きはこちら

人工関節・人工骨頭

変形性股関節症 50代女性 厚年加入中初診

平成23年頃、左股関節に痛みがあり地元の整形外科を受診。 幼少時の股関節脱臼が原因の股関節変形、要手術とされ専門医へ転医。 一年間ほど受診した後に人工股関節手術施行し、 経過は順調とされる。 趣味はサイクリングで、受診前…続きはこちら

人工関節・人工骨頭

大腿骨頭壊死 40代男性 診断書のない遡及

平成13年頃、右股関節に痛みがあり外来で外科を受診。 湿布、内服薬等で様子を見たが悪化したため転院。 歩行困難、階段昇降も困難となり総合病院を受診。 特発性右大腿骨頭壊死と診断されるが、投薬などはなかった。 仕事の関係か…続きはこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

変形性股関節症 50代女性 厚年加入中初診 2014年8月14日 (13 hits)
変形性股関節症 40代女性 先天性股関節脱臼 2015年1月29日 (12 hits)
変形性股関節症 40代女性 臼蓋形成不全 2014年3月26日 (9 hits)
慢性腎不全 50代男性 第三者証明で厚年認定 2016年10月17日 (3 hits)
大腿骨頚部骨折(人工関節) 50代女性 転医 2013年2月 5日 (2 hits)
このページのTOPへ