トップ  >  障害年金事例集  >  その他  >  ポリオ後症候群 40代男性 再審査請求処分変更

障害年金事例集

ポリオ後症候群 40代男性 再審査請求処分変更

掲載日:2017年03月09日

障害種別: 肢体の障害 病      名: ポリオ後症候群
認定結果: 障害厚生年金2級 都道府県: 東京都
そ の 他: 再審査請求,ポストポリオ

平成26年にポリオ後症候群により障害の状態にあるとして、当事務所で代理して障害厚生年金を請求するが、障害の状態を認定できないとして却下処分。処分を不服として審査請求、審査請求棄却により再審査請求した。

医師は当初の診断名をポリオ後症候群としたが、確定診断にはより高度な医療機関でのさらなる精査が必要、とされ梯子を外されてしまう格好となった。

傷病の特性としての確定診断の困難さ、保険者からの問い合わせには回答済みであることなどを主張し、再審査請求において処分変更となった。

坂田の意見・感想

ポリオ後症候群の請求になります。

ポリオ後症候群の場合、初診日は新たに生じた麻痺の初診日になりますが、本件の場合は幼少期のポリオ罹患歴について立証することができませんでした。そのため保険者からの照会が入ると、医師は当初のポリオ後症候群との診断について「更なる精査が必要」との立場をとるようになりました。

これは非常に困った状況でした。四肢に麻痺は生じているものの、原因は不明であって、最も考えられるのがポリオ後症候群、ということになり、これでは障害年金の請求は成立しません。

当方としては、当初に保険者から求められた照会については回答したこと、ポリオ後症候群の確定診断が困難であること、高度な医療機関、といっても請求人が通院しているのも地域の中核病院であることなどを主張し、認定を求めました。

最終的に再審査請求段階で保険者が処分を変更し、障害認定日から2級に認定されることになりましたが、非常に困難な請求になりました。



この記事がお役に立ったらシェアお願いします。



強直性脊椎炎 30代女性 審査請求で取消 障害年金事例集

障害年金無料相談窓口

障害年金請求事例

その他

強直性脊椎炎 30代女性 審査請求で取消

平成26年に当事務所で代理して請求し、2級と認定されたため審査請求。社会保険審査官により処分取消、1級とされた方。 診断書上の障害状態は変わらないにも関わらず、自身で行った障害状態確認届の提出により2級に減額されたため審…続きはこちら

その他

副鼻腔扁平上皮癌 50代男性 歯科初診

ちくのう症のような症状と歯の痛みで歯科を受診する。虫歯の治療として抜歯したところ、鼻の痛みが強くなり耳鼻科受診。県立がんセンター紹介され、副鼻腔扁平上皮癌と診断される。 右上顎全摘出、顔面筋肉の移植などの治療を行い、構音…続きはこちら

その他

2型呼吸不全 50代男性 アミロイドーシス

平成22年はじめ頃より息切れを自覚。 その後、会社の健康診断で肺の影を指摘され再検査。 「水が溜まっている」と言われ検査入院するが原因不明であった。 その後転院と数度の検査入院後、アミロイドーシスと診断される。 著しい倦…続きはこちら

その他

痙性斜頸 20代男性 会社退職

平成26年3月頃より首の痛みを自覚。 数日経っても痛みが取れず、首が回りにくい、 正面を向きにくいなどの症状が出現する。 近所の整形外科を受診するが改善せず神経内科を紹介受診。 次第に仕事などをしていると勝手に首が右を向…続きはこちら

その他

腰椎椎間板障害 40代男性 審査請求で処分取消

平成13年に重量物を持ち、突如強い腰痛が出現した。 そこから3年以上にわたって通院継続するが痛みが取れず。 平成16年8月に腰椎固定術施行。 その後も痛みは取れず通院を継続していたが、仕事に支障もあり、 平成26年7月に…続きはこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

強直性脊椎炎 30代女性 審査請求で取消 2017年3月 9日 (10 hits)
腰椎椎間板障害 40代男性 審査請求で処分取消 2015年11月13日 (4 hits)
変形性股関節症 50代男性 臼蓋形成不全 2016年11月30日 (4 hits)
慢性腎不全 50代男性 再審査請求で処分変更 2017年1月17日 (3 hits)
痙性斜頸 20代男性 会社退職 2016年3月 8日 (2 hits)
このページのTOPへ