人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ

048-871-6777平日11:00-17:00
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

障害年金の無料相談

脳疾患

埼玉県

脊髄小脳変性症

40代女性 自治体紹介

障害種別 肢体の障害
病名 脊髄小脳変性症
認定結果 障害厚生年金2級
都道府県 埼玉県
その他

障害者雇用で就労中

夜間の血圧上昇、めまいなどを自覚し近医受診した。降圧剤を処方されたが、眼振、頭痛、吐き気などが出たため紹介で転医。大学病院にて頭部MRIを行い、脊髄小脳変性症と診断された。若干の言語障害、体幹失調がある。

近隣で就労しているが満足な勤務は難しく、生活維持が困難であるため、自治体障害者就労支援センターより紹介され依頼となった。

障害厚生年金を請求し、2級に認定された。

坂田の意見・感想

脊髄小脳変性症による障害年金請求事例です。

体幹失調は見られるものの、動くには動きます。うまく動かないというのが主な症状です。これを障害年金でどう評価するか、という事になります。仮に肢体の障害で請求すれば、不支給という事は目に見えています。肢体の障害は主に筋力と関節可動域で見ますが、そういう障害ではないのです。

障害年金に置き換えて、症状が最も表れていると思われる障害で請求を行い、無事に2級に認定されました。これはご本人の主な障害の訴えとは異なる場合があります。こうした請求は脳疾患、神経の傷病ではしばしば生じます。

この記事がお役に立ったらシェアお願いします。

その他の事例を見る

この記事を読んだ人は
こんな記事も読んでいます

障害年金の無料相談 受給までの流れ

PageTop

人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ