トップ  >  障害年金事例集  >  脳疾患  >  脊髄小脳変性症 40代女性 自治体紹介

障害年金事例集

脊髄小脳変性症 40代女性 自治体紹介

掲載日:2017年05月29日

障害種別: 肢体の障害 病      名: 脊髄小脳変性症
認定結果: 障害厚生年金2級 都道府県: 埼玉県
そ の 他:

脊髄小脳変性症,障害者雇用で就労中

夜間の血圧上昇、めまいなどを自覚し近医受診した。降圧剤を処方されたが、眼振、頭痛、吐き気などが出たため紹介で転医。大学病院にて頭部MRIを行い、脊髄小脳変性症と診断された。若干の言語障害、体幹失調がある。

近隣で就労しているが満足な勤務は難しく、生活維持が困難であるため、自治体障害者就労支援センターより紹介され依頼となった。

障害厚生年金を請求し、2級に認定された。

坂田の意見・感想

脊髄小脳変性症による障害年金請求事例です。

体幹失調は見られるものの、動くには動きます。うまく動かないというのが主な症状です。これを障害年金でどう評価するか、という事になります。仮に肢体の障害で請求すれば、不支給という事は目に見えています。肢体の障害は主に筋力と関節可動域で見ますが、そういう障害ではないのです。

障害年金に置き換えて、症状が最も表れていると思われる障害で請求を行い、無事に2級に認定されました。これはご本人の主な障害の訴えとは異なる場合があります。こうした請求は脳疾患、神経の傷病ではしばしば生じます。



この記事がお役に立ったらシェアお願いします。



脳梗塞 40代男性 現在就労中 障害年金事例集

障害年金無料相談窓口

障害年金請求事例

脳疾患

脳梗塞 40代男性 現在就労中

運転中にめまいと吐き気で発症。緊急で受診しそのまま入院となる。 脳梗塞と診断され、薬物治療開始したが左足の機能障害、顔面の感覚異常が残存する。 リハビリテーション病院を受診し、 回復期リハビリテーションを行うが大きな改善…続きはこちら

脳疾患

小脳橋角部髄膜腫 60代男性 耳鼻科初診

平成25年5月頃、めまいで発症し7月に耳鼻科に受診した。 過去に脳梗塞の既往があったこと、難聴で大学病院受診歴があることから、 耳鼻科より同大学病院へ紹介。 その後の精査で左小脳橋角部に腫瘍があることが確認され、手術。 …続きはこちら

脳疾患

脳梗塞 40代女性 海外初診

海外(母国)で出産し、まもなくして意識不明となり救急入院。 脳梗塞と診断できず、治療が遅れてしまう。 救命されたが右上肢下肢に大きな後遺症が残存する。 日本に帰国しリハビリを継続したが麻痺は大きく改善せず、 上肢下肢に麻…続きはこちら

脳疾患

脳出血後遺症 50代男性 社会復帰後の請求

平成18年11月の早朝、右片麻痺と失語によって発症し、救急搬送。 脳出血と診断される。 1ヶ月程度で急性期を脱し、リハビリテーション病院へ転院。 3ヶ月入院下でリハビリテーションを実施し退院。 退院後はリハビリと並行し…続きはこちら

脳疾患

脳出血後遺症 50代男性 就労継続中

早朝、朝食中に急な眩暈に襲われ倒れる。そのまま救急搬送された。 搬送先で検査の結果、脳出血(視床出血)と診断された。 脳の真ん中で神経が集中しており手術ができないため、 集中治療室で2週間の間止血治療を受ける。 そのため…続きはこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

関節リウマチ 50代男性 社会的治癒 2017年5月29日 (19 hits)
左股関節機能障害 50代女性 遡及できず 2017年4月27日 (12 hits)
脳梗塞 40代男性 現在就労中 2016年10月17日 (11 hits)
脳出血後遺症 50代男性 社会復帰後の請求 2014年11月27日 (9 hits)
慢性腎不全 50代男性 再審査請求で処分変更 2017年1月17日 (7 hits)
このページのTOPへ