トップ  >  障害年金事例集  >  脳疾患  >  脳出血後遺症 50代男性 1級に認定

障害年金事例集

脳出血後遺症 50代男性 1級に認定

掲載日:2017年08月17日

障害種別: 肢体の障害 病      名: 脳出血後遺症
認定結果: 障害厚生年金1級 都道府県: 愛知県
そ の 他:

在職中,6月経過後障害認定日,

休日出勤を終え、頭痛があり自宅で休養していた。

入浴後に左半身に麻痺が生じ、転倒する。呂律も回らなかったため妻が救急車を呼び、搬送された。右脳被殻にかなりの出血があり、すぐに手術が必要、手術が成功しても重い障害が残ると診断された。手術は成功したが重度の麻痺と高次脳機能障害が残存した。

坂田の意見・感想

脳疾患後遺症による障害厚生年金請求の事例です。

脳疾患後遺症による請求の場合、障害認定日は「初診日から6月経過した日以後に、医学的観点から、それ以上の機能回復がほとんど望めないと認められるとき」とされています。

ただし、これは神経系の障害によるものになりますので、肢体については適用されるものの高次脳機能障害については適用されません。したがって、肢体の障害認定日と精神の障害認定日は異なることとなります。 (遷延性植物状態については、「3月を経過した日以後に、医学的観点から、機能回復がほとんど望めないと認められるとき」となります。)

この方の場合、肢体の麻痺も相当に重度で1級の可能性があると考えられました。そのため、肢体の請求を先行し、1級に該当しない場合には1年6月経過を待って 精神の障害として高次脳機能障害を請求し、併合1級に該当する、というのを請求方針としました。

結果的に肢体のみで1級該当となったため、精神の障害の請求は行わないこととしました。



この記事がお役に立ったらシェアお願いします。



脊髄小脳変性症 40代女性 自治体紹介 障害年金事例集

障害年金無料相談窓口

障害年金請求事例

脳疾患

脊髄小脳変性症 40代女性 自治体紹介

夜間の血圧上昇、めまいなどを自覚し近医受診した。降圧剤を処方されたが、眼振、頭痛、吐き気などが出たため紹介で転医。大学病院にて頭部MRIを行い、脊髄小脳変性症と診断された。若干の言語障害、体幹失調がある。 近隣で就労して…続きはこちら

脳疾患

脳梗塞 40代男性 現在就労中

運転中にめまいと吐き気で発症。緊急で受診しそのまま入院となる。 脳梗塞と診断され、薬物治療開始したが左足の機能障害、顔面の感覚異常が残存する。 リハビリテーション病院を受診し、 回復期リハビリテーションを行うが大きな改善…続きはこちら

脳疾患

小脳橋角部髄膜腫 60代男性 耳鼻科初診

平成25年5月頃、めまいで発症し7月に耳鼻科に受診した。 過去に脳梗塞の既往があったこと、難聴で大学病院受診歴があることから、 耳鼻科より同大学病院へ紹介。 その後の精査で左小脳橋角部に腫瘍があることが確認され、手術。 …続きはこちら

脳疾患

脳梗塞 40代女性 海外初診

海外(母国)で出産し、まもなくして意識不明となり救急入院。 脳梗塞と診断できず、治療が遅れてしまう。 救命されたが右上肢下肢に大きな後遺症が残存する。 日本に帰国しリハビリを継続したが麻痺は大きく改善せず、 上肢下肢に麻…続きはこちら

脳疾患

脳出血後遺症 50代男性 社会復帰後の請求

平成18年11月の早朝、右片麻痺と失語によって発症し、救急搬送。 脳出血と診断される。 1ヶ月程度で急性期を脱し、リハビリテーション病院へ転院。 3ヶ月入院下でリハビリテーションを実施し退院。 退院後はリハビリと並行し…続きはこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

脳梗塞 40代男性 現在就労中 2016年10月17日 (58 hits)
脳出血後遺症 50代男性 社会復帰後の請求 2014年11月27日 (45 hits)
脊髄小脳変性症 40代女性 自治体紹介 2017年5月29日 (19 hits)
左股関節機能障害 50代女性 遡及できず 2017年4月27日 (16 hits)
関節リウマチ 50代男性 社会的治癒 2017年5月29日 (16 hits)
障害年金申請の無料相談はこちら

特定社会保険労務士:坂田 新悟
多くの方にこのHPを見て頂いて、障害年金を請求する機会、知る機会が増えればいいと思います。

  • 運営者プロフィール
  • 障害ねんきんナビとは
  • 購読する(RSS 2.0) このブログを購読(RSS 2.0)
  • 購読する(Atom) このブログを購読(Atom)
  • このページのTOPへ