トップ  >  障害年金事例集  >  こころの病気  >  うつ病 40代女性 頭痛外来初診

障害年金事例集

うつ病 40代女性 頭痛外来初診

掲載日:2012年07月17日

障害種別: 精神の障害 病      名: うつ病
認定結果: 障害厚生年金3級 都道府県: 埼玉県
そ の 他:

精神科以外の初診

在職中に偏頭痛がひどいことからA病院頭痛外来を受診。
その後1年半ほどの空白期間の後に、退職後、B心療内科を受診されました。

初診をどちらと取るかで、制度をまたぐことになってしまいます。
難しいところですが、現主治医と相談の上で、障害厚生年金として請求。
最終的にA病院頭痛外来が初診と認められ、障害厚生年金支給となりました。


■坂田の意見・感想
最初の頭痛外来では厚生年金加入中、その後は退職により国民年金期間となります。
こうした制度をまたぐ場合はどうすればいいのでしょうか。

基本的には、ご請求者の通院履歴や年金記録を踏まえて、
最も有利となるように請求を行います。

請求というのはあくまで請求者側の主張であって、
それを認定するかの権限は、日本年金機構が持っています。
認定するかどうかは認定医と事務官が決めます。

もちろん窓口担当者は「相談」「助言」という形で意見を言うでしょう。
しかし彼らとて、実際はどう認定するかは結果を見ないとわかりません。
「駄目ならこちらで審査請求するから、とにかく上にあげてくれ!」という請求もあります。
これもその一つです。

今回のポイントは、頭痛外来受診が、現傷病のうつ病と因果関係があり、
初診として認められるかどうか、でした。

その後の治療空白からしても厳しいとは思っていましたが、実際は認定されました。

もちろん毎回こうなるとは限りません。今回もギリギリのケースでしょう。
しかし状況によっては、このように精神科以外の初診も認められます。



この記事がお役に立ったらシェアお願いします。



統合失調症  40代男性  第三者証明 障害年金事例集 うつ病 40代女性 再審査棄却

障害年金無料相談窓口

障害年金請求事例

こころの病気

アスペルガー症候群 20代男性 精神科病院から紹介

高校卒業後、家電量販店へ就職。 ある事件を引き金にして抑うつ状態となり、精神科クリニック受診。 混合性不安抑うつ状態と診断されるが、その後転院しアスペルガー症候群と診断。 およそ5年後の平成25年12月に年金事務所で障害…続きはこちら

こころの病気

躁うつ病 20代男性 就労支援センターから紹介

高校卒業後、専門学校へ進学するが中退。 以後、アルバイトをするが転々として続かない状況。 胃の痛みで総合病院を受診するが異常なく、精神科を紹介され初診。 その後、自治体の障害者就労支援センターに登録。 精査の結果、双極性…続きはこちら

こころの病気

統合失調症 30代男性 初診日不明

高校卒業後、仕事を転々としてたが長続きせず、 その後騒音(さほど気になるものではない)を巡ってトラブルとなる。 警察官を呼ばれ、警察署へ移送後に精神科病院へ搬送される。 その後2年半ほど通院した後、マンションの11階から…続きはこちら

こころの病気

統合失調症 30代男性 審査請求で取消

大学卒業後、仕事をしていたが対人関係の困難さから続かず、 平成14年頃から不安、焦燥にかられ精神科受診する。 その後転医し気分障害、不安障害、発達障害に対し治療を継続。 就労移行支援事業等を利用したこともあるが大きく改善…続きはこちら

こころの病気

統合失調症 40代女性 障害認定日請求5年

平成5年頃に会社を辞め、引きこもりの状態となる。 妄想、易怒性があり両親に対して攻撃的になったため入院。統合失調症と診断される。 退院後は通院を継続していたが、民間療法に救いの手を求め、医療中段。 幻想、幻覚が悪化し警察…続きはこちら

こころの病気

うつ病 40代男性 企業内診療所初診

平成19年5月頃、新しい上司が着任し周囲が体調を崩し始める。 懇意にしていた先輩社員が休職する中、リーダーに指名され重圧が高まる。 就労時間も大幅に増加し、家では食事と寝るだけの日々が続く。 趣味のサッカー観戦や社内の野…続きはこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

うつ病 40代女性 再審査棄却 2012年8月 1日 (309 hits)
統合失調症 40代男性 第三者証明 2012年6月25日 (196 hits)
うつ病 30代女性 初診婦人科 2012年9月19日 (172 hits)
神経症性うつ病 20代女性 審査請求容認 2012年5月31日 (108 hits)
うつ病 40代男性 傷病手当金終了 2012年4月28日 (62 hits)
このページのTOPへ