人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ

048-871-6777平日11:00-17:00
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

障害年金の無料相談

こころの病気

石川県

うつ病

30代女性 初診婦人科

障害種別 精神の障害
病名 うつ病
認定結果 障害厚生年金2級
都道府県 石川県
その他

精神科以外の初診

対人関係で悩み、当時受診していた
婦人科で抗うつ剤の処方を受ける。

改善されないため1年後に心療内科受診。
症状が改善されたため受診中断するも、
再度悪化したため受診。

その後意欲低下が悪化し、
初診当時から働いていた職場を退職。

現在も全く就労できず、知人の援助で生活している。


■坂田の意見・感想
初診が婦人科ですが、精神障害の初診と認められたケースです。
この方の場合、この初診が認められれば障害厚生年金、
認められないと障害基礎年金となる状況でした。

このように、初診は必ずしも「精神科・心療内科」とは限りません。
今回のように婦人科、近所の内科等でも
初診として認められるケースがあります。(参照1参照2

現在、「産後うつ」も社会問題化しておりますので、
今後婦人科初診の精神障害は増えてくる可能性があります。

また、改善して通院を止め、その後服薬中断や就労により
悪化し再受診する、というのもよく見られます。

こういった場合は3年から5年の中断がない限り
原則としては同一の疾患と考えて良いと思いますが、
できれば請求前に不利にならないか、専門家に一度ご相談下さい。

「うつ病」の障害年金お問い合わせはこちら

この記事がお役に立ったらシェアお願いします。

その他の事例を見る

この記事を読んだ人は
こんな記事も読んでいます

障害年金の無料相談 受給までの流れ

PageTop

人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ