トップ  >  障害年金事例集  >  人工透析  >  糖尿性腎症 50代男性 耳鼻科初診

障害年金事例集

糖尿性腎症 50代男性 耳鼻科初診

掲載日:2013年08月02日

障害種別: 腎疾患の障害 病      名: 糖尿病性腎症(慢性腎不全)
認定結果: 障害厚生年金2級 都道府県: 群馬県
そ の 他: 人工透析,群馬県,糖尿病

口渇、多飲などがあったものの、糖尿病とはわからなかった。

その後平成16年に耳鼻科の手術のため術前検査で糖尿病と判明。
その時点から血糖コントロールを開始。

平成21年3月に慢性腎不全に移行し、血液透析を開始。
その後障害年金を知り、当事務所へご相談。
平成25年3月に障害厚生年金を請求する。

坂田の意見・感想

群馬、栃木からのご依頼は多くいただきます。

耳鼻科が糖尿病の初診となった例です。
めずらしいケースですが、こうしたこともあります。
そういう時ほど、きちんと資料を集めて請求しなければ、
不支給や却下となるケースもあり得ます。やはりそこに神経を遣いました。

糖尿病やIgA腎症などは判明から長い期間が経過し、
ゆっくり慢性腎不全に移行していくこととなります。
その場合、障害認定日時点はまだ症状が軽く、
遡及請求(障害認定日請求)しても不該当となることが多いと思います。

これは制度の瑕疵であり、大きな問題点だと思います。

結果として事後重症請求するしかなく、
今回も未支給の年金が生じてしまいました。
大変心苦しく感じます。 



この記事がお役に立ったらシェアお願いします。



紫斑病性腎炎 30代男性 第三者証明 障害年金事例集 糖尿病性腎症 50代男性 高血圧

障害年金無料相談窓口

障害年金請求事例

人工透析

慢性腎不全 50代男性 再審査請求で処分変更

現在は人工透析中。 ご自身で平成27年6月に、初診日が平成元年の厚生年金期間にあるとして障害厚生年金を請求。この時点の受診状況等証明書など医証はなく、同年10月に厚生年金期間中の初診日が確認できないとして却下処分を受ける…続きはこちら

人工透析

慢性腎不全 50代男性 第三者証明で厚年認定

現在は人工透析中。 自身において、初診日を平成18年6月として、市町村役場の国民年金課を経由し障害基礎年金を請求。事務センターの審査で「添付いただいた資料だけでは初診日を確定できない」として返戻(書類差し戻し)となる。 …続きはこちら

その他

多発性骨髄腫 40代男性 複数傷病併合

平成25年2月、肩の関節痛で近医の整形外科を受診する。 その場ですぐに骨腫瘍を疑われ紹介状で大学病院へ転院。 3月に抗がん剤治療を開始するが、腎機能が悪化。人工透析開始。 そのまま2年間、人工透析をしながら闘病するが、 …続きはこちら

人工透析

IgA腎症 40代女性 初診日特定不能

都内の小児科を受診しIgA腎症と診断される。 その後中学、高校と蛋白尿があったが、その後は特に受診せず、 都内の医療機関を受診する。現在は廃業している。 取得できた受診状況等証明書は24歳ごろのもので、 それでも現在か…続きはこちら

人工透析

糖尿病性腎症 40代男性 再々請求にて受給

昭和61年から請求日時点まで一貫して厚生年金に加入している。 平成11年頃に健診で指摘をされ、Aクリニックを受診したが転勤にて中断。 その後平成14年頃から平成20年まで健診で指摘はあったが自覚症状なく自己中断。 平成…続きはこちら

人工透析

慢性糸球体腎炎 40代男性 20年以上透析施行

平成3年9月頃、自覚症状なく突然鼻血が止まらない、呼吸困難などとなり救急搬送される。 当時20代前半であった。慢性糸球体腎炎により、腎機能が低下していた。 慢性腎不全と診断されすぐに人工透析導入。そこから現在まで透析中…続きはこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

糖尿病性腎症 50代男性 高血圧 2013年8月15日 (258 hits)
糖尿病性腎症 50代女性 初診記録なし 2013年11月16日 (141 hits)
糖尿病性腎症 40代男性 社会的治癒 2012年12月14日 (133 hits)
紫斑病性腎炎 30代男性 第三者証明 2012年12月18日 (113 hits)
統合失調症 30代男性 納付要件不該当 2013年8月 2日 (108 hits)
このページのTOPへ