人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ

048-871-6777平日11:00-17:00
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

障害年金の無料相談

人工透析

群馬県

糖尿病性腎症(慢性腎不全)

50代男性 耳鼻科初診

障害種別 腎疾患の障害
病名 糖尿病性腎症(慢性腎不全)
認定結果 障害厚生年金2級
都道府県 群馬県
その他 人工透析,群馬県,糖尿病

口渇、多飲などがあったものの、糖尿病とはわからなかった。

その後平成16年に耳鼻科の手術のため術前検査で糖尿病と判明。
その時点から血糖コントロールを開始。

平成21年3月に慢性腎不全に移行し、血液透析を開始。
その後障害年金を知り、当事務所へご相談。
平成25年3月に障害厚生年金を請求する。

坂田の意見・感想

群馬、栃木からのご依頼は多くいただきます。

耳鼻科が糖尿病の初診となった例です。
めずらしいケースですが、こうしたこともあります。
そういう時ほど、きちんと資料を集めて請求しなければ、
不支給や却下となるケースもあり得ます。やはりそこに神経を遣いました。

糖尿病やIgA腎症などは判明から長い期間が経過し、
ゆっくり慢性腎不全に移行していくこととなります。
その場合、障害認定日時点はまだ症状が軽く、
遡及請求(障害認定日請求)しても不該当となることが多いと思います。

これは制度の瑕疵であり、大きな問題点だと思います。

結果として事後重症請求するしかなく、
今回も未支給の年金が生じてしまいました。
大変心苦しく感じます。 

この記事がお役に立ったらシェアお願いします。

その他の事例を見る

この記事を読んだ人は
こんな記事も読んでいます

障害年金の無料相談 受給までの流れ

PageTop

人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ