トップ  >  障害年金入門  >  障害年金用語  >  障害年金の請求が可能となる日「障害認定日」とはどんな日?

障害年金入門

障害年金の請求が可能となる日「障害認定日」とはどんな日?

掲載日:2017年07月18日

障害年金特有の考え方「障害認定日」

障害認定日は障害年金独特の考え方で「障害状態であることを認定する日」です。
あらゆる障害年金請求は、障害認定日を過ぎてからでなければ請求することができません。 これは原則として「初診日から1年6月を経過した日」とされています。

この1年6か月というのは、障害がある程度引き続いて存在し、また症状がある程度固定するのを待つための期間と考えて良いと思います。たとえば、「風邪」で障害年金請求できないのはこの仕組みがあるためです。1年6か月続く風邪というのはありませんからね。
裏を返せば、風邪のような症状であっても1年6月経過すれば、それは障害認定日になります。

上記のように、障害認定日とは原則として初診日に1年6月を加えることで自動的に計算されるものですが、障害の状態や障害そのものによっては1年6月経過より早くなるものもあります。

「傷病が治った」「症状固定」という概念

上記の通り「障害認定日」の基本的な考え方は、症状、状態が一定になり、その方に「障害」として定着するのを待つ期間と考えられます。つまり、誰の目から見ても「定着した障害」と判断できる場合、1年6月経過を待つ必要はないわけです。この1年6月は障害年金上では何もすることがない「待ちの期間」になりますので、不利益を生じてしまう場合があります。

そのため「傷病が治った(障害が固定した)」場合は、待つ必要がない、「その時点を障害認定日とする」例外が設定されています。

               
障害認定日とされる日
人工透析療法を開始して3カ月経過した日
人工骨頭または人工関節を挿入置換した日
人工肛門または新膀胱の造設、尿路変更術をしたときはそれらを行った日から6月を経過した日
心臓ペースメーカーまたは人工弁を装着した日
身体の一部を切断または離断した日
脳疾患発症から6月経過後に医師が症状固定と認めた日
在宅酸素療法を開始した日

*上記のほかにもあります

これらは事実上、治療の効果によりそれ以上の改善が見込めない、つまり状態が固定したと考えられる日です。よって、これらに該当した場合は、その日を障害認定日とみなして障害年金請求ができることになります。

また二十歳前傷病による障害基礎年金の場合は、二十歳到達時点、ただし1年6月経過が二十歳到達より遅い場合はその日が障害認定日となります。

そのほか「明らかに症状固定と認められる日」が障害認定日となりますが、これはかなりハードルが高く、医師が「もうこれ以上良くならない」と言ったからと言って適用できるとは限りません。医学的見地からの症状固定と年金上の解釈は、異なる場合が多くあります。



この記事がお役に立ったらシェアお願いします。



障害年金無料相談窓口
なんとなく怖い!?障害年金の審査請求とはどういうもの? 障害年金入門 働いていても受給可!障害年金の受給資格とは?

障害年金申請の用語や方法

saishin.jpg

障害年金の最後の良心?再審査請求とはどういうもの?

障害年金の再審査請求とはどういうもの? 平成28年度分の統計を追加しリライトしました。 審査請求で社会保険審査官が下した処分に不服がある場合、もう一度不服を申し立てることができます。 これを再審査請求といいます。 再審査…続きはこちら

a1180_014527_mini.jpg

障害認定日時点の診断書は「3ヶ月以内」じゃないといけないの?

原則として、障害年金の診断書は現症日から3ヶ月以内に請求、障害認定日診断書は障害認定日から3月以内の障害状態を記したもの、とされています。これはなぜなのでしょうか。 障害認定日の診断書が3ヶ月以内とされているのはなぜ? …続きはこちら

yougo.jpg

障害年金の二十歳前傷病ってどんな制度?

「二十歳前傷病」は「はたちまえしょうびょう」と読み、障害年金にだけある独特の考え方です。 一般の方にはまず馴染みがない言葉ですが、私たち障害年金を扱う社労士にとっては「これは二十歳前だから・・・」などと、一般的に活用する…続きはこちら

yougo.jpg

年金保険料を「滞納」すると障害年金はどうなる?

年金制度に加入すると、基本的に保険料を負担する必要があります。 たとえば、国民年金に加入すると国民年金保険料の納付書が送られてきます。会社に就職して厚生年金に加入すると給与天引きで保険料を納付することになります。これは年…続きはこちら

shikaku.jpg

働いていても受給可!障害年金の受給資格とは?

*平成27年10月に初診日の認定の在り方が変更となりました。 それ以前に不支給を受けていた場合、再請求により認定される可能性があります。 障害年金は、特別なものではありません。年金の「受け取り方」の一つです。年金は60…続きはこちら

障害年金申請の無料相談はこちら

特定社会保険労務士:坂田 新悟
多くの方にこのHPを見て頂いて、障害年金を請求する機会、知る機会が増えればいいと思います。

  • 運営者プロフィール
  • 障害ねんきんナビとは
  • 購読する(RSS 2.0) このブログを購読(RSS 2.0)
  • 購読する(Atom) このブログを購読(Atom)
  • このページのTOPへ