トップ  >  障害年金事例集  >  脳疾患  >  高次脳機能障害 20代男性 二十歳前傷病

障害年金事例集

高次脳機能障害 20代男性 二十歳前傷病

掲載日:2013年11月22日

障害種別: 精神の障害 病      名: 高次脳機能障害
認定結果: 障害基礎年金2級 都道府県: 東京都
そ の 他: 発達障害,二十歳前傷病

16歳時に頭痛と嘔吐で脳腫瘍を発症。

当初は意識もあり、歩行可能で麻痺などもなかったが、
次第に増悪したため近医へ搬送。
CT検査により脳内に大きな異常の痕跡が見え、
専門医のいる大学病院脳神経外科へ転送。

MRIの結果、左前頭葉に腫瘍を認め開頭手術。胚芽腫と病理診断される。

術後、化学療法と放射線療法を施行し寛解。
その後は自宅療養し定期的に再発有無を確認しているが、
注意障害、遂行機能障害、抑うつ状態など認める。

高校卒業後は保育士を志し短大へ進学するが、
次第に欠席がちとなり単位取得が困難、中退となった。

現在、内服薬はないが、既往症の発達障害にも関連して
リハビリテーション科受診中。

坂田の意見・感想

既往症であった発達障害に加えて、
脳腫瘍摘出による高次脳機能障害を併発されました。

請求日時点では、既往症である発達障害の詳細な状態は既にわかりません。
当然ですが、高次脳機能障害と症状を切り分けることができないためです。

こうした考え方は年金機構、社会保険審査会も使用しますが、
制度をまたがず、二十歳前傷病でもあるため大きな問題となりませんでした。
逆にいえばこれが大きな問題となるケースもあります。

お母様からご依頼を受け障害基礎年金を請求し、無事に受給となりました。



この記事がお役に立ったらシェアお願いします。



脳出血後遺症 50代男性 罹患後退職 障害年金事例集 脳出血後遺症 50代男性 就労継続中

障害年金無料相談窓口

障害年金請求事例

脳疾患

脳梗塞 40代男性 現在就労中

運転中にめまいと吐き気で発症。緊急で受診しそのまま入院となる。 脳梗塞と診断され、薬物治療開始したが左足の機能障害、顔面の感覚異常が残存する。 リハビリテーション病院を受診し、 回復期リハビリテーションを行うが大きな改善…続きはこちら

脳疾患

小脳橋角部髄膜腫 60代男性 耳鼻科初診

平成25年5月頃、めまいで発症し7月に耳鼻科に受診した。 過去に脳梗塞の既往があったこと、難聴で大学病院受診歴があることから、 耳鼻科より同大学病院へ紹介。 その後の精査で左小脳橋角部に腫瘍があることが確認され、手術。 …続きはこちら

脳疾患

脳梗塞 40代女性 海外初診

海外(母国)で出産し、まもなくして意識不明となり救急入院。 脳梗塞と診断できず、治療が遅れてしまう。 救命されたが右上肢下肢に大きな後遺症が残存する。 日本に帰国しリハビリを継続したが麻痺は大きく改善せず、 上肢下肢に麻…続きはこちら

脳疾患

脳出血後遺症 50代男性 社会復帰後の請求

平成18年11月の早朝、右片麻痺と失語によって発症し、救急搬送。 脳出血と診断される。 1ヶ月程度で急性期を脱し、リハビリテーション病院へ転院。 3ヶ月入院下でリハビリテーションを実施し退院。 退院後はリハビリと並行し…続きはこちら

脳疾患

脳出血後遺症 50代男性 就労継続中

早朝、朝食中に急な眩暈に襲われ倒れる。そのまま救急搬送された。 搬送先で検査の結果、脳出血(視床出血)と診断された。 脳の真ん中で神経が集中しており手術ができないため、 集中治療室で2週間の間止血治療を受ける。 そのため…続きはこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

脳出血後遺症 50代男性 罹患後退職 2013年9月19日 (747 hits)
脳出血後遺症 50代男性 就労継続中 2014年6月16日 (537 hits)
脳出血後遺症 50代男性 社会復帰後の請求 2014年11月27日 (374 hits)
脳梗塞後遺症 50代男性 初診遠方 2013年1月16日 (303 hits)
房室ブロック 60代女性 就労中 2013年11月22日 (129 hits)
このページのTOPへ