トップ  >  障害年金事例集  >  脳疾患  >  脳出血後遺症 50代男性 就労継続中

障害年金事例集

脳出血後遺症 50代男性 就労継続中

掲載日:2014年06月16日

障害種別: 肢体の障害 病      名: 脳出血後遺症
認定結果: 障害厚生年金2級 都道府県: 埼玉県
そ の 他: 現在も在職中

早朝、朝食中に急な眩暈に襲われ倒れる。そのまま救急搬送された。

搬送先で検査の結果、脳出血(視床出血)と診断された。
脳の真ん中で神経が集中しており手術ができないため、
集中治療室で2週間の間止血治療を受ける。

そのため後遺症(右片麻痺・視野障害)も強く残り、
社会復帰はほとんど無理であろうと医師から言われていた。
この頃はご本人はもちろん、家族も大変気落ちされていたのこと。

リハビリテーション病院へ転院し、機能がある程度回復。
会社にも復職するが、雑務をこなす程度とされる。
障害厚生年金を請求し2級に認定された。

坂田の意見・感想

この方は脳疾患再発防止のため、降圧剤による治療を受けていますが、
それを根拠に年金機構が「症状固定」を否定し、請求を却下した事例があります。
(障害認定日から6月経過後で症状固定した日を障害認定日としたケースです)

しかし、原則としてこうした内科的治療を続行している場合においても、
社会保険審査会の裁決例では、脳疾患における
症状固定の成立を妨げないとしています。

これは脳疾患後遺症で問われる障害状態(麻痺や言語、視野障害など)と、
高血圧の治療には直接の因果関係がないと思われるからですが、
年金機構ではそのような認定をしていないケースがあります。

降圧剤での内科的治療は脳疾患再発予防の一環としては一般的とされ、
もちろん全てのケースで認定されるわけではないと考えますが、
こうした却下を受けた場合は審査請求を検討するべきと思います。



この記事がお役に立ったらシェアお願いします。



高次脳機能障害 20代男性 二十歳前傷病 障害年金事例集 脳出血後遺症 50代男性 社会復帰後の請求

障害年金無料相談窓口

障害年金請求事例

脳疾患

脳梗塞 40代男性 現在就労中

運転中にめまいと吐き気で発症。緊急で受診しそのまま入院となる。 脳梗塞と診断され、薬物治療開始したが左足の機能障害、顔面の感覚異常が残存する。 リハビリテーション病院を受診し、 回復期リハビリテーションを行うが大きな改善…続きはこちら

脳疾患

小脳橋角部髄膜腫 60代男性 耳鼻科初診

平成25年5月頃、めまいで発症し7月に耳鼻科に受診した。 過去に脳梗塞の既往があったこと、難聴で大学病院受診歴があることから、 耳鼻科より同大学病院へ紹介。 その後の精査で左小脳橋角部に腫瘍があることが確認され、手術。 …続きはこちら

脳疾患

脳梗塞 40代女性 海外初診

海外(母国)で出産し、まもなくして意識不明となり救急入院。 脳梗塞と診断できず、治療が遅れてしまう。 救命されたが右上肢下肢に大きな後遺症が残存する。 日本に帰国しリハビリを継続したが麻痺は大きく改善せず、 上肢下肢に麻…続きはこちら

脳疾患

脳出血後遺症 50代男性 社会復帰後の請求

平成18年11月の早朝、右片麻痺と失語によって発症し、救急搬送。 脳出血と診断される。 1ヶ月程度で急性期を脱し、リハビリテーション病院へ転院。 3ヶ月入院下でリハビリテーションを実施し退院。 退院後はリハビリと並行し…続きはこちら

脳疾患

高次脳機能障害 20代男性 二十歳前傷病

16歳時に頭痛と嘔吐で脳腫瘍を発症。 当初は意識もあり、歩行可能で麻痺などもなかったが、 次第に増悪したため近医へ搬送。 CT検査により脳内に大きな異常の痕跡が見え、 専門医のいる大学病院脳神経外科へ転送。 MRIの結果…続きはこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

脳出血後遺症 50代男性 社会復帰後の請求 2014年11月27日 (1413 hits)
脳出血後遺症 50代男性 罹患後退職 2013年9月19日 (1042 hits)
高次脳機能障害 20代男性 二十歳前傷病 2013年11月22日 (538 hits)
脳梗塞後遺症 50代男性 初診遠方 2013年1月16日 (282 hits)
脳出血後遺症 50代男性 高血圧治療中 2012年4月21日 (157 hits)
このページのTOPへ