トップ  >  障害年金事例集  >  人工透析  >  慢性糸球体腎炎 40代女性 初診日が国年の可能性

障害年金事例集

慢性糸球体腎炎 40代女性 初診日が国年の可能性

掲載日:2014年10月21日

障害種別: 腎疾患の障害 病      名: 慢性糸球体腎炎(慢性腎不全)
認定結果: 障害厚生年金2級 都道府県: 埼玉県
そ の 他: 人工透析,慢性糸球体腎炎,慢性腎不全,請求制度

慢性糸球体腎炎により、腎機能が低下。
平成25年4月より人工透析療法を施行している。

年金被保険者記録は出入りがあり、国民年金期間が3年。
その後も半年程度の国民年金期間が複数回存在する。
その他は厚生年金期間となるが、引き続いていない。

平成15年頃からクレアチニンが上昇。1.21となり異常所見。
しかし元主治医は受診状況等証明書で初診を平成17年3月とした。
ここが初診日となると障害基礎年金の請求となってしまう。
医師面談も実施したが、この時点では身体に影響はなく、
あくまで初診日は平成17年との認識。

やむを得ず、同病院の受診状況等証明書は平成17年のまま提出。
ただ前後の検査結果を取得し、平成15年を初診日として代理人意見書を作成。
その他の書類も同様に平成15年として障害厚生年金を請求。

無事、障害厚生年金2級が支給されることとなった。

坂田の意見・感想

健診結果で異常を指摘された場合は障害年金上の初診日になりえます。
ただ、今回は医師がそれを認めないケースでした。
そのため添付した受診状況等証明書は国民年金期間中となります。

そのままでは間違いなく厚生年金受給には至らないので、
請求者の利益を損なわないように資料を揃えて請求を行いました。
その結果、初診日は平成15年として認定され、
無事に障害厚生年金受給に至っています。

主治医は医療の専門家ではありますが、
年金のことまで全て主治医が決めるわけではありません。
それがよく現れているケースだと思います。

請求方法一つで大きな給付の差が出てしまうのが障害年金です。



この記事がお役に立ったらシェアお願いします。



糖尿病性腎症 50代男性 受診歴を確認 障害年金事例集 腎硬化症 50代男性 不支給後の再請求

障害年金無料相談窓口

障害年金請求事例

その他

多発性骨髄腫 40代男性 複数傷病併合

平成25年2月、肩の関節痛で近医の整形外科を受診する。 その場ですぐに骨腫瘍を疑われ紹介状で大学病院へ転院。 3月に抗がん剤治療を開始するが、腎機能が悪化。人工透析開始。 そのまま2年間、人工透析をしながら闘病するが、 …続きはこちら

人工透析

IgA腎症 40代女性 初診日特定不能

都内の小児科を受診しIgA腎症と診断される。 その後中学、高校と蛋白尿があったが、その後は特に受診せず、 都内の医療機関を受診する。現在は廃業している。 取得できた受診状況等証明書は24歳ごろのもので、 それでも現在か…続きはこちら

人工透析

糖尿病性腎症 40代男性 再々請求にて受給

昭和61年から請求日時点まで一貫して厚生年金に加入している。 平成11年頃に健診で指摘をされ、Aクリニックを受診したが転勤にて中断。 その後平成14年頃から平成20年まで健診で指摘はあったが自覚症状なく自己中断。 平成…続きはこちら

人工透析

慢性糸球体腎炎 40代男性 20年以上透析施行

平成3年9月頃、自覚症状なく突然鼻血が止まらない、呼吸困難などとなり救急搬送される。 当時20代前半であった。慢性糸球体腎炎により、腎機能が低下していた。 慢性腎不全と診断されすぐに人工透析導入。そこから現在まで透析中…続きはこちら

人工透析

腎硬化症 50代男性 不支給後の再請求

平成25年3月に自身で障害厚生年金を請求し不支給処分となる。 理由は初診日が厚生年金保健の被保険者であった間であることを 確認することができないため、とされている。 平成22年より人工透析中であり、障害状態としては2級相…続きはこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

糖尿病性腎症 50代男性 受診歴を確認 2014年7月18日 (367 hits)
腎硬化症 50代男性 不支給後の再請求 2015年1月 5日 (306 hits)
慢性糸球体腎炎 40代男性 20年以上透析施行 2015年1月 5日 (282 hits)
慢性糸球体腎炎 30代男性 審査請求処分取消 2014年5月14日 (166 hits)
両側大腿骨頭壊死 40代女性 ステロイド後遺症 2014年10月21日 (145 hits)
このページのTOPへ