トップ  >  障害年金事例集  >  脳疾患  >  脳梗塞 40代女性 海外初診

障害年金事例集

脳梗塞 40代女性 海外初診

掲載日:2016年03月04日

障害種別: 肢体の障害 病      名: 脳梗塞後遺症
認定結果: 障害基礎年金2級 都道府県: 埼玉県
そ の 他: 海外初診,認定日計測数値なし

海外(母国)で出産し、まもなくして意識不明となり救急入院。
脳梗塞と診断できず、治療が遅れてしまう。
救命されたが右上肢下肢に大きな後遺症が残存する。

日本に帰国しリハビリを継続したが麻痺は大きく改善せず、
上肢下肢に麻痺が残ったほか、失語がある。

坂田の意見・感想

海外初診の場合、受診状況等証明書をどのようにするか、
難儀することもありますが、今回は既に母国の言語のものと、
それを翻訳したものをご用意いただいており、問題ありませんでした。

ただ障害認定日が古く、その時点の検査結果、
関節可動域、筋力は不明とされました。

認定基準を確認すると、肢体の障害であって、かつ、
上肢及び下肢の広範囲に障害がある場合は
「肢体の機能の障害」として認定することとされています。

そして「肢体の機能の障害」の認定は、
「関節可動域、筋力、巧緻性、早さ、耐久性を考慮し、
日常生活における動作の状態から身体機能を総合的に認定する」
とされています。

つまり肢体の機能の障害は、上肢の障害、下肢の障害とは異なり、
筋力と関節可動域のみでは認定されず、
必ずしも計測値がなければならないということではありません。

本件ではこれらは不明とされていますが、
障害認定日で受給権が発生しました。



この記事がお役に立ったらシェアお願いします。



脳出血後遺症 50代男性 社会復帰後の請求 障害年金事例集 小脳橋角部髄膜腫 60代男性 耳鼻科初診

障害年金無料相談窓口

障害年金請求事例

脳疾患

脳梗塞 40代男性 現在就労中

運転中にめまいと吐き気で発症。緊急で受診しそのまま入院となる。 脳梗塞と診断され、薬物治療開始したが左足の機能障害、顔面の感覚異常が残存する。 リハビリテーション病院を受診し、 回復期リハビリテーションを行うが大きな改善…続きはこちら

脳疾患

小脳橋角部髄膜腫 60代男性 耳鼻科初診

平成25年5月頃、めまいで発症し7月に耳鼻科に受診した。 過去に脳梗塞の既往があったこと、難聴で大学病院受診歴があることから、 耳鼻科より同大学病院へ紹介。 その後の精査で左小脳橋角部に腫瘍があることが確認され、手術。 …続きはこちら

脳疾患

脳出血後遺症 50代男性 社会復帰後の請求

平成18年11月の早朝、右片麻痺と失語によって発症し、救急搬送。 脳出血と診断される。 1ヶ月程度で急性期を脱し、リハビリテーション病院へ転院。 3ヶ月入院下でリハビリテーションを実施し退院。 退院後はリハビリと並行し…続きはこちら

脳疾患

脳出血後遺症 50代男性 就労継続中

早朝、朝食中に急な眩暈に襲われ倒れる。そのまま救急搬送された。 搬送先で検査の結果、脳出血(視床出血)と診断された。 脳の真ん中で神経が集中しており手術ができないため、 集中治療室で2週間の間止血治療を受ける。 そのため…続きはこちら

脳疾患

高次脳機能障害 20代男性 二十歳前傷病

16歳時に頭痛と嘔吐で脳腫瘍を発症。 当初は意識もあり、歩行可能で麻痺などもなかったが、 次第に増悪したため近医へ搬送。 CT検査により脳内に大きな異常の痕跡が見え、 専門医のいる大学病院脳神経外科へ転送。 MRIの結果…続きはこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

脳出血後遺症 50代男性 社会復帰後の請求 2014年11月27日 (266 hits)
統合失調症 30代男性 初診日不明 2016年3月 4日 (140 hits)
統合失調症 30代男性 審査請求で取消 2016年2月16日 (126 hits)
脳出血後遺症 50代男性 就労継続中 2014年6月16日 (95 hits)
脳梗塞 40代男性 現在就労中 2016年10月17日 (66 hits)
このページのTOPへ