トップ  >  傷病別障害年金審査請求|ペースメーカー・ICD装着

傷病別障害年金審査請求|ペースメーカー・ICD装着

傷病別障害年金審査請求_ペースメーカー・ICD装着編

それらを装着した日が障害認定日

通常、障害認定日は初診から1年6カ月経過後とされていますが、ペースメーカー又はICD、または人工弁装着によって障害認定を受ける場合には、障害認定日は「それらを装着した日」になります。(1年6か月経過後に装着する場合は、障害認定日は原則通り1年6カ月経過時点です)

つまり!
1年6カ月待たなくても障害年金の請求はできます。

働いていても障害年金の受給は可能

障害認定基準では、人工弁、ペースメーカー、ICDを装着したものについては3級以上に認定するとされています。厚生年金加入中に初診がある場合、障害年金を受給できる可能性があります。(国民年金の場合はこの条件だけでは満たしませんが、日常生活状況等によっては認定の可能性があります)

障害年金障害認定基準(心臓・腎臓疾患)

障害年金障害認定基準の実際の認定基準を
一部読みやすく抜粋・修正したものを、こちらで紹介しています。

障害年金障害認定基準(心臓・腎臓疾患)は、こちら。

このページのTOPへ