トップ  >  障害年金事例集  >  人工透析  >  糖尿病性腎症 40代男性 再々請求にて受給

障害年金事例集

糖尿病性腎症 40代男性 再々請求にて受給

掲載日:2015年03月12日

障害種別: 腎疾患の障害 病      名: 糖尿病性腎症(慢性腎不全)
認定結果: 障害厚生年金2級 都道府県: 東京都
そ の 他: 人工透析,糖尿病性腎症,慢性腎不全

昭和61年から請求日時点まで一貫して厚生年金に加入している。

平成11年頃に健診で指摘をされ、Aクリニックを受診したが転勤にて中断。
その後平成14年頃から平成20年まで健診で指摘はあったが自覚症状なく自己中断。

平成20年4月に倦怠感などありBクリニックを受診しており、そこで受診状況等証明書を取得。

加えて年金事務所からの指示によりAクリニックの受診状況等証明書を添付できない申立書及び
糖尿病用アンケートに「平成17年頃健診で指摘」と記載し、障害厚生年金の裁定を請求する。

結果、不支給(却下)となり、都内の社会保険労務士が審査請求を受任するも不支給。
その社会保険労務士により再度障害厚生年金を請求するがそれも棄却され、
社会保険労務士からは「これ以上の続行は不可能」と言われる。

その後当事務所にて再々請求を受任。
平成14年の健康診断結果等の資料を再度収集し、代理人意見書とともに障害厚生年金の裁定を請求。

障害厚生年金2級として認定された。

坂田の意見・感想

ご自身で裁定請求をされ、却下となった処分について他の社労士が審査請求と再請求を受任。
その結果も芳しくなくこれ以上の続行はできない、と契約終了を通知されてしまった方です。

私たちが投げ出してしまえば、それを拾う人はいません。
難しい請求があるのも事実ですが、その方の人生は続くわけで、
可能性がある限りは諦めてしまうわけにはいきません。

とは言え、今回の請求は全ての資料を拝見した上で、
「受給権発生の見込みがある」と判断してお受けしたものでした。

当事務所は、大変心苦しいですが必ず着手金をいただいています。
前任の社会保険労務士は着手金がなかったそうですから、
そういった意味で出て行った手元のお金はありませんでした。

しかし再々請求まで1年程度かかった事を考えると、
150万円ほどが受給できなくなってしまったことになります。

まさしくタダより高いものはありませんね・・・。

初診日が古い請求においては、資料がなく却下処分を受けることは少なくありません。
もちろん過去になればなるほど、難しい請求になります。
この方の場合も15年以上前の初診日を調べることになりました。

何も資料がないという事実は変えられませんが、
今回のように請求方法によって受給に近づくことはできます。

ただ、初診日が特定できない時点で、その障害年金請求は
社会保険労務士でも不支給を受けるようなレベルです。
こうなってしまうとご自身で行うのはやはり難しいと思います。
間違った教示をされ、更に不利な状況になることもあります。

受給権取得には、請求を通していく、という強い意志と合理的な主張が必要です。
今回は無事に受給権が発生し何よりと思います。



この記事がお役に立ったらシェアお願いします。



慢性糸球体腎炎 40代男性 20年以上透析施行 障害年金事例集 IgA腎症 40代女性 初診日特定不能

障害年金無料相談窓口

障害年金請求事例

人工透析

慢性腎不全 50代男性 再審査請求で処分変更

現在は人工透析中。 ご自身で平成27年6月に、初診日が平成元年の厚生年金期間にあるとして障害厚生年金を請求。この時点の受診状況等証明書など医証はなく、同年10月に厚生年金期間中の初診日が確認できないとして却下処分を受ける…続きはこちら

人工透析

慢性腎不全 50代男性 第三者証明で厚年認定

現在は人工透析中。 自身において、初診日を平成18年6月として、市町村役場の国民年金課を経由し障害基礎年金を請求。事務センターの審査で「添付いただいた資料だけでは初診日を確定できない」として返戻(書類差し戻し)となる。 …続きはこちら

その他

多発性骨髄腫 40代男性 複数傷病併合

平成25年2月、肩の関節痛で近医の整形外科を受診する。 その場ですぐに骨腫瘍を疑われ紹介状で大学病院へ転院。 3月に抗がん剤治療を開始するが、腎機能が悪化。人工透析開始。 そのまま2年間、人工透析をしながら闘病するが、 …続きはこちら

人工透析

IgA腎症 40代女性 初診日特定不能

都内の小児科を受診しIgA腎症と診断される。 その後中学、高校と蛋白尿があったが、その後は特に受診せず、 都内の医療機関を受診する。現在は廃業している。 取得できた受診状況等証明書は24歳ごろのもので、 それでも現在か…続きはこちら

人工透析

慢性糸球体腎炎 40代男性 20年以上透析施行

平成3年9月頃、自覚症状なく突然鼻血が止まらない、呼吸困難などとなり救急搬送される。 当時20代前半であった。慢性糸球体腎炎により、腎機能が低下していた。 慢性腎不全と診断されすぐに人工透析導入。そこから現在まで透析中…続きはこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IgA腎症 40代女性 初診日特定不能 2015年8月 6日 (377 hits)
糖尿病性腎症 50代男性 受診歴を確認 2014年7月18日 (316 hits)
慢性糸球体腎炎 40代男性 20年以上透析施行 2015年1月 5日 (312 hits)
腎硬化症 50代男性 不支給後の再請求 2015年1月 5日 (263 hits)
躁うつ病 40代女性 初診日取得できず 2015年3月23日 (163 hits)
このページのTOPへ