トップ  >  障害年金入門  >  障害年金用語  >  障害者手帳と障害年金の違いって?

障害年金入門

障害者手帳と障害年金の違いって?

掲載日:2013年10月18日

 

 

 

 




障害年金を調べていって、あることに驚きませんでしたか?
それは障害者手帳と障害年金が全く別の制度であることです。

私は中学生時代、点字を打つボランティアをしていたんですが、
この仕事を始めて、初めてそんな基礎的なことを知りました。

一般に「障害者手帳」と言われるのは三つあります。
「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者保健福祉手帳」です。
いわゆる障害者手帳の制度は、サービスという部分を担っていて、
障害年金は直接的な経済的支援になっていると考えます。

たとえば「障害者雇用」時に求められるのは、
障害年金受給者ではなくて「障害者手帳所持者」であることです。
これは障がい者雇用の対象となるかを確認する書類に、
「年金証書」が含まれていないためです。

(厳密には手帳所持者でなくても障がい者雇用できるケースもあります。
 ただ、実務上はまず行わないだろう方法です)

実際には一般的に障害年金の方がハードルが高いので、
障害年金を受給しているけれど手帳は取れない、という方は
あまり聞いたことはありません。

逆に障害者手帳を持っているけれど障害年金はもらっていない、
障がい者雇用だけれど障害年金は受給していない、
というケースは数多くあります。


この記事がお役に立ったらシェアお願いします。



障害年金無料相談窓口
障害年金入門 障害年金に付く加給年金って?

障害年金申請の用語や方法

a0002_011275.jpg

障害年金を受給すると老齢年金は減っちゃうの?

以外によくいただくご質問が、障害年金と老齢年金との関係についてです。 特に「老齢年金が減ってしまうのでは・・・」というご不安が大きいようです。ちなみに老齢年金というのは、年金の最もポピュラーな受け取り方で、60歳とか65…続きはこちら

a0002_000462.jpg

障害の程度が変わらないのに年金が止まる!?3級14号の問題。

障害の程度が変わらないのに支給停止された!? 本来、こうしたことは起こらないように認定されることになっていますが、制度上、起こる場合があります。今回はそれについてのお話です。 障害手当金(一時金)相当なのに年金が出る? …続きはこちら

ninteibi.jpg

障害年金の請求が可能となる日「障害認定日」とはどんな日?

障害年金特有の考え方「障害認定日」 障害認定日は障害年金独特の考え方で「障害状態であることを認定する日」です。簡単に言うと「障害年金を請求できるようになる日」です。 ですから、あらゆる障害年金請求は障害認定日を過ぎてから…続きはこちら

shikaku.jpg

働いていても受給可!障害年金の受給資格とは?

*平成27年10月に初診日の認定の在り方が変更となりました。 それ以前に不支給を受けていた場合、再請求により認定される可能性があります。 障害年金は、特別なものではありません。年金の「受け取り方」の一つです。年金は60…続きはこちら

saishin.jpg

障害年金の最後の良心?再審査請求とはどういうもの?

障害年金の再審査請求とはどういうもの? 平成28年度分の統計を追加しリライトしました。 審査請求で社会保険審査官が下した処分に不服がある場合、もう一度不服を申し立てることができます。 これを再審査請求といいます。 再審査…続きはこちら

a1180_014527_mini.jpg

障害認定日時点の診断書は「3ヶ月以内」じゃないといけないの?

原則として、障害年金の診断書は現症日から3ヶ月以内に請求、障害認定日診断書は障害認定日から3月以内の障害状態を記したもの、とされています。これはなぜなのでしょうか。 障害認定日の診断書が3ヶ月以内とされているのはなぜ? …続きはこちら

障害年金申請の無料相談はこちら

特定社会保険労務士:坂田 新悟
多くの方にこのHPを見て頂いて、障害年金を請求する機会、知る機会が増えればいいと思います。

  • 運営者プロフィール
  • 障害ねんきんナビとは
  • 購読する(RSS 2.0) このブログを購読(RSS 2.0)
  • 購読する(Atom) このブログを購読(Atom)
  • このページのTOPへ