人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ

048-871-6777平日11:00-17:00
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

障害年金の無料相談

障害年金の二十歳前傷病ってどんな制度?

「二十歳前傷病」は「はたちまえしょうびょう」と読み、障害年金にだけある独特の考え方です。

一般の方にはまず馴染みがない言葉ですが、私たち障害年金を扱う社労士にとっては「これは二十歳前だから・・・」などと、一般的に活用する制度であり、よく使い、聞く言葉です。

二十歳到達後の障害年金について

現行の年金制度では、原則として二十歳になると誰もが年金制度に加入します。
(高校を卒業して就職した場合など、それ以前に厚生年金に加入している方もいます)
大学生の方などは、自治体から文書が届き、「年金に入る年齢になったんだな」と実感されることが多いのではないでしょうか。

そうして国民年金に加入すると、今度は国民年金保険料の支払い義務が生じることになります。二十歳後に初診日がある障害年金については、「果たしてちゃんと年金保険料を納めていたかしら?」という確認が入ります。(保険料納付要件

ただ学生の場合は支払う原資(収入)がないので、学生納付特例を活用して「免除しておく」ことが一般的ではないでしょうか。

学生納付特例であってもこの手続きさえしておけば、障害年金上は「納付」と変わらず扱われます。非常に大きな手続きです。

ただ、学生納付特例の手続きは毎年必要です。この手続を怠ったため、これが原因で障害年金請求できない方もおられます。自治体の国民年金課へ行けば10分で終わる手続きです。二十歳以上の学生は必ず免除の手続きを取りましょう。(もちろん支払っていただいても良いのですが)

しかし、生まれついての障害や若いうちの病気、怪我など、年金制度の加入する前に病気や怪我、障害があった、という人もいます。こういった方々は保険料を支払う義務が生じる前に保険事故がある方です。そうした方が該当するのが二十歳前傷病による障害基礎年金の請求です。

二十歳前傷病の障害年金

二十歳到達より前に初診日がある場合、加入義務が生じる前ですので、年金保険料を納めていなくても障害年金を受給する事ができます。 この場合、二十歳到達後の年金記録が全て未納でも大丈夫です。これがいわゆる「二十歳前傷病」による障害基礎年金の請求です。

二十歳前傷病による請求では保険料納付を問われないので、たとえば20歳ごろに初診日がある方で納付要件を満たさない場合、二十歳前の初診日がなかったか入念に確認することがあります。(もちろんないものを創り出すことはできません)

二十歳前傷病の障害基礎年金における障害認定日は、初診から1年6か月を経過している時は、二十歳になった日を障害認定日とすることとされています。(二十歳になった日に初診から1年6か月を経過していない場合は、通常通り1年6か月を経過した日になります)

たとえば特別支援学校に通われている方などで、「二十歳になったら障害年金がもらえるのよ」と小耳にはさまれた時はこの二十前傷病の制度を活用して請求する事を指しています。二十歳になると障害認定日を迎え、障害基礎年金の請求が可能になるからです。

二十歳前傷病に限りませんが、基本的に障害年金を請求できるようになっても行政からは特に連絡はありません。これは各種手帳を持っていても同じです。手帳と障害年金は障害認定基準が違いますし、誰が障害年金上の障害状態に該当する可能性があるか、ということまでいちいち把握をしていないからです。

こうした際は所属している患者会、医療機関、就労支援施設などの方が、障害年金請求が必要である、ということをご存知のことでしょう。

障害年金は、請求をしなければ決して受け取る事はできません。二十歳になったら、ご家族かご自身で必ず請求してください

*二十歳前傷病を活用する場合は、自動的に障害基礎年金の請求になります。また、保険料納付要件が問われない分、一定の制限が加わります。

また二十前傷病が検討される場合にも、有利な厚生年金が適用できる場合もあります。たとえば高卒で就職し18歳から厚生年金に加入していて、その間に初診日がある場合です。こうした場合は不利益を被ってしまう可能性もありますし、できる限り障害年金の手続き開始前に、障害年金専門の社会保険労務士へ相談してみてください。

この記事がお役に立ったらシェアお願いします。

その他の事例を見る

障害年金の無料相談 受給までの流れ

PageTop

人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ