人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ

048-871-6777平日11:00-17:00
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

障害年金の無料相談

障害年金とはそもそもどういう年金なのでしょうか?

「年金」とは多くの人にとって「支払う」ものです。

支払方法はいろいろあって、給与から天引きされたり(厚生年金保険料等)、自宅に納付書が送られてきたり、クレジットカード(国民年金保険料)など、なんらかの形で支払ったりしておられるはずです。(日本年金機構のHPに「一番おトクな納付方法」なんてページを見つけました)

しかし、長い間支払う一方だった年金も、いつかは受け取る日がやってきます。 「障害年金」というのはこの「年金の受け取り方」の一つです。

障害年金は年金の受け取り方の一つです

例えば65歳になると受け取ることができる年金がある、と聞いたことありますよね。

今の制度では原則として65歳になると掛けていた年金を受け取ることができます。これを「老齢年金」と言います。年金の「受け取り方」の一つです。老齢年金は文字通り「老齢」になったときにする受け取り方です。

これと同じように 障害年金は「障害状態」になったら選択する受け取り方です。老齢とか障害というのは受け取り方法のことであって、老齢年金とか障害年金という年金があるわけではありません。「年金 」という大きな一つの塊から、いずれかの受け取り方を選んで受給することになります。

ですから、たとえば老齢と障害の両方を合算して受給する、ということではできません。あともう一つ「遺族」という受け取り方があり、年金はいずれかの受け取り方で受給します。

ちなみに、年金というのは日本年金機構(旧社会保険庁)という役所が管理をしています。「社会保険事務所」というのは今はもうなくて、すべて「年金事務所」になっています。

障害年金の請求は難しいのか?

老齢年金を請求するとき、65歳の方は誰がどう見ても(見た目ではなく、住民票や免許証を見れば)65歳です。別に65歳であることをわかってもらうことは大変ではありませんね。

しかし「障害状態」というのは、一目見てすぐにわかる形であるとは限りません。

たとえば内臓の障害や精神の障害は外見からはわかりにくいですが、障害年金を受給するためには、障害状態であることを日本年金機構(または共済組合)にわかってもらわなければいけません。

そのための手続きを「障害年金の(裁定)請求」と言います。つまり障害年金の請求とは、障害状態であることをわかってもらう手続きです。

日本年金機構にわかってもらうためには、主に診断書という書類を使用します。通常、日本年金機構は本人を見て審査をしていません。書類で請求者が障害状態であるかどうかの審査をしています

「障害状態」というのは「障害認定基準」というもので定められていて、障害年金を受給するには、この認定審査を受けなければなりません。その結果、障害認定基準に該当すれば支払われる仕組みです。

障害年金請求に必要な書類

障害年金請求に必要な書類は診断書以外にも以下のようなものがあります。

受診状況等証明書(初診日の証明)
診断書(障害状態の証明)
病歴・就労状況等申立書(障害状態の申し立て)
・年金請求書
・戸籍謄本
・住民票
・課税または非課税証明書
・生計同一の家族の証明書
・年金入金口座の通帳写し

・その他状況に応じた書類 など
(上記には一部省略できる書類があります)

「年金」とは「請求」しないと受け取ることができず、障害状態になったことをわかってもらわないと受給することができません。

これは社会保険に共通する部分なのですが、こうした基本的なことを教わらないまま、私たちは過ぎてきてしまいました。そのため受け取らないままになってしまっている方が大勢いて、本来支払われるべき年金が支払われていない、ということが多くあるということです。

障害ねんきんナビでは、障害年金の請求方法や用語の解説、仕組み、請求事例について掲載しています。

この記事がお役に立ったらシェアお願いします。

その他の事例を見る

障害年金の無料相談 受給までの流れ

PageTop

人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ