人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ

048-871-6777平日11:00-17:00
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

障害年金の無料相談

障害年金の「初診日」とはなんでしょうか。

障害年金でいう初診日ってどんな日?

障害年金においては「初診日」が大きく請求に関わります。「初診日」は、自動車保険で言えば「事故が起きた日」で年金加入がどんな状態にあるかで、障害年金の請求ができるかどうか、請求する制度、受給の可否、受給できる額が変わってきます。

たとえば保険料を支払っているか(保険料納付要件)については、初診日の前日の状態でみることになり、請求制度については初診日において「国民年金」か「厚生年金」いずれに加入しているかを見ることになります。

簡単に言うと、初診日が・・・ 厚生年金加入であった場合、障害厚生年金請求
それ以外(20歳前、退職後の65歳前等を含む)であった場合、障害基礎年金請求になります。
障害厚生年金は3級(または症状が固定していない障害手当金相当)の障害状態にあっても障害年金の受給権を得ることができますが、障害基礎年金の請求の場合は2級に該当しなければ、障害年金を受給することができません。

そうなると、一つ疑問が生じます。たとえば20歳で会社に入社して30年厚生年金を掛けた50歳の人が、退職した次の日に事故にあって障害状態となった場合はどうなるでしょうか。

この場合、厚生年金を抜けてから事故に遭った(初診日がある)ことになりますので、障害基礎年金の請求をすることになります。どんなに厚生年金を納めていても、厚生年金を抜けた後に初診日がある場合は障害基礎年金の請求となります。

同じように、初診日よりも後に厚生年金期間が引き続いていたとしても、その傷病での請求は障害基礎年金として請求することになります。この辺りは厳しいところといえるかもしれません。

初診日は原則特定しなければならない

前記の通り、障害厚生年金と障害基礎年金では受給権の発生にまず大きな差があります。「等級」です。

障害基礎年金は「2級」に該当しなければ受給権を得られませんが、障害厚生年金の場合は「3級」でも受給権を得ることができます。より軽い障害の状態であっても障害厚生年金の場合は受給権を得られますから、同じ重さの障害の程度(3級程度)の人の場合は初診日によって、年金がもらえる人ともらえない人が出るということです。

そのため「初診日」がどこになるかというのは非常に重要であって、認定を行う日本年金機構も「障害の程度」と同じくらい慎重に初診日の認定を行っています。

おそらくこの認定は一般の方が考えるよりも厳密なもので、初診医療機関の受診状況等証明書さえきちんとした形で取得できれば問題がないのですが、そうでない場合は却下処分を受ける可能性が高くなります。特に、診療録が廃棄されているという場合は、他の客観的資料に積み重ねで立証するしかありませんので、私たち代理人泣かせの請求になります。

初診日が不明な請求はそれだけで認定が困難な請求です。ご自身で行って大変なことになる前に、障害年金に明るい社会保険労務士への依頼をお勧めします。

審査請求再審査請求のご相談も多くありますが、この初診日特定の問題は増えており、一度却下されてしまうと後から覆すというのは非常に時間も労力もかかります。

添付できない申立書の問題

初診医療機関の受診状況等証明書が提出できない場合、「添付できない申立書」を提出するように窓口では指示を受けます。「提出できないならばこれを書いて出してください」と言われるので、これで受診状況等証明書の代わりになると思いがちですが、そうではありません。自分で書いたこの書類、診療録は廃棄済みですと医療機関で書いてもらったこの書類は、窓口における単なるつじつま合わせの書類に過ぎず、請求にはほとんど影響を及ぼしません。

つまり、何の役にも立たないという事です。
「初診日」は前に書いたように非常に重要な日ですから、自分で一筆書いただけで初診日として認められることはありません。初診日が認められるためには必ず他の資料が必要になります。よって、この資料だけで厚生年金の初診日として認定を受けることは、通常できないと考えましょう。

障害年金における「初診日」についてのまとめ

障害年金の請求において、初診日とはとても重要な日です。

原則として医療機関による客観的な証明が必要とされていますので、「厚生年金加入時点に初診日があった」「間違いなく20歳より前に初診日があった」と言っても、その申立てだけで受給権を得ることはできません。診療録が廃棄されている場合はこれらの立証が非常に困難です。ただ、諦めてしまってはそれ以上進むことができません。客観的資料の積み重ねで立証していくこととなりますが、この場合は実績のある社会保険労務士への依頼が望ましいと思います。

一方で、一度却下や棄却とされた事案であっても新しい証拠が見つかった時など、請求して不支給(却下)だった場合にも審査請求や再審査請求、また再請求は可能です。一度の却下で諦めていただきたくないと思います。

この記事がお役に立ったらシェアお願いします。

その他の事例を見る

障害年金の無料相談 受給までの流れ

PageTop

人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ