人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ

048-871-6777平日11:00-17:00
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

障害年金の無料相談

障害年金の診断書を受け取って、まずすべきこと4つ。

障害年金を受給するための要件の一つに、「障害認定基準でいう障害状態であること」が挙げられます。障害年金の診断書は、請求者が障害状態にあることを立証するための文書になります。

診断書を受け取って一番最初にすべきこと

まず、封筒を開けます(笑)

これは実は笑い事ではなくて、医療機関から渡されるときに(緘)や開封無効、などのハンコが押してあることがあります。こう押されていると、人間、やはり開けるのが躊躇われます。そのため「開けても大丈夫ですか」という質問は多くいただくのです。

結論を言うと、これを開けないまま年金事務所へ持参しても、その場で開封されます。また、開封したものを持参しても閉じられたまま持参しても、なんら影響がありません。

ですので、たとえ封緘されていても開けましょう。それによって文書の効力がなくなるということはありませんし、自分の障害状態を確認するのに遠慮はいらないと思います。

ただし、病気によっては「予後」など知りたくないことが書かれている可能性は十分あります。これは確認することのメリットとデメリットの問題ですが、このことも踏まえて決めてください。

開けたらまずは名前、生年月日を確認しましょう。

名前や住所などの後に確認すべきこと「傷病名」

名前や住所の後に確認すべきなのは病名です。ここで書かれた病名が、基本的に請求傷病となります。精神疾患であれば「うつ病」「そううつ病」「統合失調症」などになります。精神障害の場合、障害認定基準上で「精神病」と「神経症」ははっきり区別され、神経症は原則として障害年金の対象外とされています。

また、既存障害や既往症といった箇所に傷病名が入っている場合で、その傷病が請求傷病と関連ある傷病名である場合は、初診日を左右する場合があります。ここにも注意が必要です。

請求可否や制度をわける「初診日」について

初診日とは診断書の項目でいう「1のため初めて医師の診察を受けた日」です。
この日が、受診状況等証明書がある場合は「初診年月日」と一致することを確認してください。受診状況等証明書を複数用意している場合、原則として、その中で最も古い日付になります。

受診状況等証明書を省略している場合、つまり、初診医療機関と診断書作成医療機関が同じである場合、初診日欄の日付と8の診断書作成医療機関初診年月日と一致する必要があります。年金機構はこの辺りの日付の相違に非常に敏感です。

これらについて整合性がとれない場合は、書き直し(修正)の必要があるか、二十歳前傷病など記録が古すぎて特定できていない、その他の資料による初診日認定を求めている、など問題を生じていることが考えられます。

これらは一概に言えませんが、原則としては初診日は特定する必要があるので、特定した日付が診断書にも記載されている必要があります。

最後に、障害状態について

診断書には病歴なども書かれていますが、最も重要なのは「障害状態」についてです。この記載内容によって障害等級が決定され、給付の額や給付が行われるかが決定されます。精神障害では日常生活能力、肢体の障害では主に関節可動域と筋力によって認定が行われることになります。

障害年金の審査は、書面による審査になりますので、診断書に書かれた障害状態が請求人そのものということになります。ここに記載されていないことは医学的な立証がされていないことになりますので、できる限り、生活に大きな支障がある事柄については診断書に記載してもらう必要があります。また、診断書に書かれている障害の程度に、誤りがあることはあってはなりません。

提出前には診断書のコピーを取ることをお勧めします。後々、審査請求をする場合に診断書の控えがないと提出した内容がわかりませんので、提出書類を取り寄せることになります。また、受給権を得られた場合には更新がありますので、このときに前回はどう書かれていたか、見比べるものが必要になります。コピーは大切に保管してください。

この記事がお役に立ったらシェアお願いします。

その他の事例を見る

障害年金の無料相談 受給までの流れ

PageTop

人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ