人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ

048-871-6777平日11:00-17:00
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

障害年金の無料相談

障害年金の請求に必要な書類はどこで入手すればいいの?

障害年金請求には必要な書類がいくつかあります。

たとえば診断書は障害年金請求専用の診断書がありますので、
そちらを使用することになります。

診断書の書式は以前は市町村役場の年金課、もしくは年金事務所で
相談してからでなければ入手できませんでしたが、
現在は日本年金機構のHPにも掲載されていますので、そこから印刷して使用することもできます。
例:日本年金機構精神の障害診断書

以前、年金事務所などで書式を入手する場合は、基本的に一度相談した上で、
窓口担当者が必要と認めた場合は配布する、という形態を採っていました。
今でも直接足を運んで入手する場合はほぼ同等であると思います。

窓口担当者によってはいくつかある書類を、一度に全ての書類を渡さずに、
一枚ずつ配布するような形を採る場合もあります。
そうなると何度も足を運ばなくてはならないので、その分手間がかかることになります。

窓口は障害基礎年金(国民年金)の場合は市町村役場の年金課
厚生年金加入中の初診の場合は年金事務所とされていますが、
障害基礎年金は年金事務所での手続き、相談も可能です。

診断書の書式と細かい注意点

診断書の書式は、障害基礎年金(国民年金)、障害厚生年金(厚生年金)、
いずれの制度の請求であっても同じ書式になります。
ですので国民年金だと思って書式を受け取ったが、
実際は厚生年金だった、という場合でもその書式を使用することはできます。

診断書の書式は原則A3サイズとされていて、当事務所でも通常A3で提出しています。

ただ、医療機関によっては障害年金の診断書作成もシステム化されていて、
A4で交付されることもあります。A4でも受け取ってもらえないという事はありませんし、
もちろん不利になることもないのでそのまま使用可能です。

(むしろシステム化されPCで作成されていれば、文字の判読がしやすいので、
 トラブルは少ないとも言えます)

ただ、システム化されていた場合に起きやすい問題ですが、
たとえば年金事務所などで渡される診断書は両面印刷の書式となります。
ご自身で印刷した場合や医療機関の書式の場合は両面印刷ではなく、
片面印刷のものを表・裏と二枚になってしまうことがあります。

この場合は1枚目と2枚目で医師の割り印もしくは両方に医師の印が必要です。
これは意外に忘れられがちですので、受け取ったときに確認してみて下さい。
そのままで請求をすることは通常できません。

この記事がお役に立ったらシェアお願いします。

その他の事例を見る

障害年金の無料相談 受給までの流れ

PageTop

人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ