トップ  >  障害年金入門  >  障害年金用語  >  障害年金の事後重症請求とはどんな請求方法でしょう?

障害年金入門

障害年金の事後重症請求とはどんな請求方法でしょう?

掲載日:2016年06月29日

障害年金を調べていくと「遡及請求」という言葉が見つかると思います。遡及請求というのは、障害年金が請求できるようになる日(障害認定日)までさかのぼって請求する請求方法です。

いわばその対極にあるのが「事後重症請求」です。「じごじゅうしょう請求」と読みます。「障害認定日から請求日まで」の過去の年金を請求せず、将来に向かっての受給権だけを得る手続きを事後重症請求と言います。

事後重症請求を選択する場合

事後重症請求を選択する場合というのは

・障害認定日時点の診断書が入手できない
・障害認定日時点では明らかに障害状態が軽い


などがあります。

例えば挙げられるのは「糖尿病」などの腎疾患です。腎疾患の多くは尿検査で異常が発見されることが多いものの、この時点では自覚症状がないため受診後に放置してしまうこともまま見られます。

そのため腎疾患の多くでは、障害認定日時点では「通院していない」「状態として軽い」という状況になります。こうした時は、受診していないためそもそも診断書を用意できなかったり、仮に診断書が得られて遡及請求しても障害の程度が該当しないことになります。

そうした場合は診断書代ももったいないですし、はじめから事後重症請求を選択することになります。ただし急性のものなど腎疾患で遡及請求できるケースもたくさんあります。

もしさかのぼって受給できるのであれば誰でも受給したいと考えるのが人情です。しかしそれが選択できない場合には事後重症請求することとなります。



この記事がお役に立ったらシェアお願いします。



障害年金無料相談窓口
今さらですが・・・国民年金と厚生年金ってどう違うの? 障害年金入門 年金保険料を「滞納」すると障害年金はどうなる?

障害年金申請の用語や方法

yougo.jpg

なんとなく怖い!?障害年金の審査請求とはどういうもの?

障害年金の審査請求とはどういうもの? 平成28年4月1日に行政不服審査法が改正、施行されました。 以下は、現在判明している限りで変更を反映させたものです。 障害年金の請求を行って、審査が終わると日本年金機構から認定結果が…続きはこちら

a0002_000724.jpg

知的・発達・精神の障害における障害の程度ってなんだ?(2)

この記事には(1)があります。まずはそちらからご覧ください。 精神障害と就労について 等級判定ガイドラインでは「考慮すべき事項」を挙げています。ここでいう「考慮」とは以下の内容を指すとされています。 「考慮する」とは、診…続きはこちら

a0001_013648.jpg

知的・発達・精神の障害における障害の程度ってなんだ?(1)

知的・発達・精神の障害は、障害年金を考えるうえで外せない障害です。なぜなら障害年金の半数は上記の障害であるからです。(平成26年障害年金受給者実態調査)以下、これらをまとめて「精神の障害」といいます。 当事務所が扱う障害…続きはこちら

a0002_010657.jpg

障害年金とはそもそもどういう年金なのでしょうか?

「年金」とは多くの人にとって「支払う」ものです。 支払方法はいろいろあって、給与から天引きされたり(厚生年金保険料等)、自宅に納付書が送られてきたり、クレジットカード(国民年金保険料)など、なんらかの形で支払ったりしてお…続きはこちら

a0001_017933.jpg

障害年金で却下処分を受けないための初診日証明

平成27年9月28日、厚生労働省年金局事業管理課長発「障害年金の初診日を明らかにすることができる書類を添えることができない場合の取扱いについて」において、こうした場合の事務取扱が改めて統一されることとなりました。 基本的…続きはこちら

chiyu.jpg

障害年金の社会的治癒とは?不利益を受けないための考え方。

請求者の利益を守る考え方「社会的治癒」 障害年金には、請求者の利益を守るための考え方として社会的治癒という考え方があります。 社会的治癒の考え方自体は難しくありません。しかしそれを証明していくことが難しく、結果的に必ず適…続きはこちら

このページのTOPへ