人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ

048-871-6777平日11:00-17:00
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

障害年金の無料相談

障害の程度、そのままじゃないですか?悪化したら額改定請求を。

障害年金は、一度等級が決定されると、基本的にいわゆる更新(障害状態確認届の提出)まではその等級で支給されます。この間、障害の程度が認定時よりも重くなった場合は、自分で手続きをしなければ等級が上がることはありません。

額改定請求とは、障害年金受給後に障害が重くなった時の手続き

障害の程度(重さ)というのは、多くの場合、時間の経過によって変化します。良い時もあり悪い時もあり、それも含めて障害なのだと思います。しかし障害年金においては、今日は2級、昨日は3級、という風にはいきません。

障害年金の支給される期間は、永久固定となるごく一部を除いて1年から5年の間で期間を決めて支給されることになります。この期間は人によって異なり、等級認定時に一緒に、個別に決められています。ですので「この傷病だから何年認められた」という考え方は誤りで、人により期間を定めて支給されることになっています。

一度認定を受けてから更新まで何もしないでそのままにしておけば、そのあいだ障害等級はそのまま支給されることになります。当然その間にも、障害状態というのは悪化する可能性がありますので、厚生労働大臣の障害状態の診査から1年を経過すれば、再度等級の認定を求めることができるようになっています。

これを障害年金の額改定請求と言います。

額改定請求の効果と使い方

障害年金が一度受給できることとなると安心してそのままにしてしまいがちですが、もし障害状態が悪くなっているのであればそのままにしておくことはありません。積極的に額改定請求を行って良いと思います。額改定請求が認められた場合、請求をした翌月から額が改定される(等級が上がる)こととなります。

ただし、額改定請求には請求を行う期間に制限があり、基本的には受給権を得た請求、または前の額改定請求から1年を経過していなければなりません。

*平成26年4月4日追記
年金機能強化法の施行により、平成26年4月1日から省令に定められた傷病について、悪化した場合には1年を待たずに額改定請求を行うことができるようになりました


再審査請求時の滑り止めとして活用

状況によっては額改定請求を再審査請求と並行して行うことがあります。たとえば請求日後分の等級を争って審査請求再審査請求と争っている場合、もちろん早い段階で主張が認められれば良いのですが、審査請求で認められなかった場合、再審査請求の期間中に額改定請求に必要な「1年」を経過することが多くあります。

こうした際に再審査請求が認められなかった場合に備えて、もう一度医師の診断書を取って額改定請求をしておくことがあります。そうすると、再審査請求が認められなかった場合においても、額改定請求によって等級が変更され、等級のままでいる期間を短くすることができます。

つまり、額改定請求と前処分に対する審査請求、再審査請求は並行して行うことができる、ということです。またその審査がもう一つの審査に影響することはありません。

遡及請求時に額改定請求書が必要

従来、遡及請求の際の認定においては、いわゆる「遡及3級、事後2級」という請求日時点の方が等級が重くなるという処分がありました。しかし現在は認められているケースと認められていないケースがあります。請求日で明らかに重いのにも関わらず、引き続き3級とする処分です。この切り分けには、特段の理由は見当たりません。

等級が変わらなかった際、この等級を審査請求再審査請求と争っていっても「請求日時点で額改定請求がなされていないため争うことができない」という裁決を社会保険審査会では下しています。そのため現在では障害認定日と現時点の状態が異なる場合には額改定請求書の添付が必要です。

そもそもこうした取扱いは今まで行われていなかったものです。そのため一般化していませんし、年金事務所等でそのような案内がきちんと毎回なされているかというと大きな疑問です。詳しくない担当者ですと「何を言っているんだ」という顔をされる可能性もあります。

障害年金をきちんと請求するということは、こうした制度の変化にまで対応していかなければなりません。そのため個人での障害年金請求が難しいケースもあると思います。

この記事がお役に立ったらシェアお願いします。

その他の事例を見る

障害年金の無料相談 受給までの流れ

PageTop

人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ