人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ

048-871-6777平日11:00-17:00
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

障害年金の無料相談

障害年金請求で年金事務所へ何度も行く必要があるのはなぜ?

年金事務所や役所などでは、障害年金請求のために
何度も足を運ばなければならない、
担当者ごとに言うことが違う、というお話を聞くことがあります。


これは障害年金制度が一概に「こうすれば良い」と言えない、
難しい制度であることが関係しています。

なぜ何度も行かなくてはならないのか

障害年金の相談に行ったけれどよくわからなかった
担当者の説明に不信感を覚えた、ということで
当事務所へご連絡いただくことも大変多くあります。

まず第一に、障害年金は初診日から資料を集めていく必要があるので、
ここがずれてしまうと、全ての書類の日付がずれてしまうことになります。

そうなると、せっかく取った診断書を修正しなくてはいけない、
修正している間に診断書の期限が切れ、使えなくなってしまうこともあります。

ですから、そのたびに請求方針を考え直さなくてはなりません。
こうした場合、年金事務所に診断書代、交通費、郵便代を払ってもらえるでしょうか。
そんなことはないですよね。ですからどうしても慎重にならざるを得ません。

しかし日付の修正や古い受診履歴が見つかるのは通常のことです。
仮に同じことが起きたとしても、文書代は当事務所で負担すればそれで済みます。
もちろんそれ以前に、そうならないように手配をしていきます。

手続きを進める上での難しさ

障害年金を請求する手続きは基本的に煩雑です。

実際に進めていて体調を崩され、そこから引き継ぐという請求もある程です。
請求には「最低三回は来てもらわないと」という窓口担当者もいるほどで、
平日の昼間に何度も年金事務所へ行かなくてはならないのは、
健常者はもちろん、障害状態にある方にとっても大きな負担でしょう。

最近やや空いたとは言え、一度行くだけで1時間以上かかることも珍しくありませんし、
なかなかそのような時間も取れませんよね。これについては改善が望まれます。

当事務所にご依頼いただいた場合は、
年金事務所や役所に相談に行かれる必要はありません

当事務所と医療機関、役所での簡単な書類入手程度で完結することがほとんどです。

最終的には当事務所が代理して障害年金請求することとなります。

この記事がお役に立ったらシェアお願いします。

その他の事例を見る

障害年金の無料相談 受給までの流れ

PageTop

人工透析・人工関節・ペースメーカー・うつ病・統合失調症等障害年金の申請なら

障害ねんきんナビ